意外なものが出てきました

今回は鹿島市からのご依頼で、ご自宅の洗面所が詰まってしまって水が流れないため、なんとかしてほしいとのお話でした。そこまで切羽詰まった状況ではないけれどもできれば早めにとのことでしたので、道中聞こえてきたキジの鳴き声に背中を押されるように急ぎます。 ご依頼主様のご自宅は築20年ほど経過した一軒家でした。

迎えてくださったご依頼主様と奥様のお話では最近外壁塗装をし直したとのことで、とても綺麗なお家です。 早速現場の洗面台へ向かうと、水が詰まっている様子はありません。ご依頼主様いわく、待っている間に水が徐々に引いていったとのことでした。どうやら詰りは完璧ではなく、多少の隙間はあるようです。

なにかものを落とされたのかもしれない、そう考えて上から覗いてみたものの、どうやら排水口には問題がなさそうですので、恐らく排水トラップか排水管のほうに原因があるのでしょう。そう判断し、排水トラップを見せていただくことにします。 洗面台の下を覗く必要があるとお話をすると、そう思ってものをどかしておいてよかったとご依頼主の奥様がおっしゃっていました。

ご協力に感謝しつつ覗いてみると、すぐにS字の排水トラップが見えました。 工具を使ってS字トラップを外して掃除してみると、ぬめりや汚れとともに歯間ブラシが出てきました。どうやらご依頼主様が誤って落としてしまったようです。分解個所を掃除をしてもとに戻してしばらく水を流してみると詰りが発生することなく流れていきました。

恐らく歯間ブラシが原因だったのでしょう。 ご依頼主様はあんな小さなものが原因になるのかと驚かれていましたが、その構造上髪の毛や石鹸カスなどの汚れが付着しやすい部位でもあります。汚れによって細くなっているところにものが引っかかってしまうことで、詰まってしまうことがあるということをご説明させていただくと、ご依頼主様ご夫婦はとてもご納得されたようで、気をつけようと何度もうなずかれていました。 意外なものが洗面詰りの原因となることもある、今回はまさにそのような事例でした。