専用工具で笠間市の詰りを解決

茨城県は笠間市にお住いのお客様のところへ浴室排水のつまり修理に伺ってきました。笠間市は茨城県の県央に位置する街で古くから城下町として栄えてきた由緒ある土地柄です。

今回の修理は一般のご家庭で最もトラブルが多い浴室排水のつまりでした。そもそもなぜ浴室の排水はつまりやすいのでしょうか。実は、つまりの原因はほとんどのケースでは大量の髪の毛が絡み合うようにして排水パイプを詰まらせてしまいます。そしてそれだけならまだしも、その網目のように詰まっている髪の毛に、石鹸カスやシャンプーなどの泡も流れてきます。さらには体を洗った時に落ちる皮脂も加わるため排水パイプのなかはあっという間にヘドロ状の汚れが形成されてしまいます。

もちろんこれらのつまりは一朝一夕で形成されるものではありませんから、毎日の入浴で流れてくる物質が少しずつ溜まり続け、次第に浴室排水の流れが悪くなってくるのです。最初の頃ですとパイプクリーナーを流せば一時的にはつまり解消ができますが、それでも完璧に汚れやつまりを落とすことができないため、その残留した汚れにさらに新たな皮脂や石鹸カスが付着して、ある日突然完全なつまりが発生してしまい洗い場に水が溜まってしまうという状況に陥ってしまいます。浴室のトラブルが発生すれば入浴することもできなくなってしまうので一刻も早く修理が必要になります。

お電話での修理要請を受けて、すぐに修理車で現場へ向かいました。笠間市の住宅街の一戸建のお宅に到着し、早速状況を確認させていただくことにしました。バスルルーム洗い場のタイル部分には水がかなりたまっており、一目で事態がかなり深刻であることがわかりました。排水口から特殊なワイヤー器具を用いてつまりを取り除く作業を行うことにしました。まずはお客様にお見積もりを出させていただき、作業内容とお見積もり費用に同意をしていただいてから作業は開始です。

ワイヤーの先端は電気で高速回転するようにできています。業務用ですからかなり丈夫で効率的なつまり除去作業を行うことができるものです。これを使い、排水口からかなり奥の方までパイプを伝って先端部を入れていき、奥の方からつまりを少しずつ削り取るようにして作業を進めていきました。途中かなり頑固なつまりがあり、時間をかけながらの作業になりましたので2時間近くの作業時間を要しましたが無事に修理を終えることができました。つまりがすっかり取り除かれた浴室排水は水を流してみると非常にスムーズな流れが確認できましたので一安心です。