古いパッキンは水漏れの原因

今回は茨城県鉾田市にお住いのお客様からトイレでの水漏れの修理依頼がありましたので早速現地に向かうことにしました。お電話で詳しい状況を、まずお伺いしたところ具体的な場所についてはハッキリとわからないということだったのですが、気が付くと床が濡れている為何度もタオルなどで拭き取っているようですが、翌日になるとまた小さな水たまりができているとのお話でした。激しい水漏れではないものの、やはり早めの修理が必要な状況であることには変わりありません。お電話をいただいた当日に対応させていただくのがベストです。

早速鉾田市内のご自宅にお伺いし、トイレの水漏れを拝見させていただきました。到着時には、床にタオルが敷いてありましたので水たまりはありませんでした。お客様に水たまりができる場所を教えていただき、それを元に水漏れ箇所の特定をしていきました。その結果、水漏れはどうやらトイレタンクと給水管の接続部分であることがわかりました。この接続部分に付いているパッキンが劣化してしまうと、今回のような水漏れを引き起こしてしまいます。だいたいパッキンの寿命は10年前後となっているため、こちらのお宅は築12年ということでパッキンがかなり劣化している状況であることが予測できました。まずはパッキン交換作業のお見積もりを出させていただいてお客様にご納得いただいたあと作業にとりかかりました。

モンキーレンチを使用してタンク側についているナットを取り外していきます。ナットを取り外すと内部にパッキンが見えてきます。取り出したパッキンは予想通り、劣化がひどくつまみ出したと同時にボロボロと崩れるほどでした。この状態でも水漏れがあまりひどくなかったのは不幸中の幸いです。新しいパッキンに交換をし、再びナットを元どおりに締めていきました。一応、ほかの部分に関しても点検をさせていただいたのですが、何箇所か経年劣化が見受けられるのですが、今すぐに対応しなくてはならない程度ではなかったのでお客様には、今後2年前後の間に気になる箇所の修理が必要になってくる可能性をお伝えしておきました。

交換作業を完了してから、トイレの水を数回流して給水管および周辺からの水漏れがないことを確認し、お客様にもご一緒に確認をしていただき、完了となりました。今回の水漏れトラブルは大きな問題ではなかったため、作業も40分程度と非常にスムーズに進めることができました。