石岡市の風呂つまり

お風呂の排水つまりはトイレ同様に発生しやすいトラブルです。

現場へと移動する際に近くを通りかかると季節の花に癒され、花の香りを嗅ぐのが楽しみになっている茨城県フラワーパークでちょうど河津桜まつりが開催されている最中、お客様から水が流れていかなくなりお風呂に入れず困っていると緊急のお電話をいただきました。少し前から排水口から悪臭が漂っていて、何らかの不具合が起こっているのではと気になっていたそうです。こういった風呂つまり解消のご依頼はよくいただきますが、臭いの元は髪の毛や垢、シャンプーや石鹸や洗剤のカスが混ざり合って固まったヘドロが排水管に付着しるケースがほとんどになります。実際に現場を拝見してからの判断になりますが、すぐに駆けつけて対処する旨をお伝えして現場へと急ぎました。

40分ほどで到着後、趣のあるお客様宅1階の風呂場を早速確認いたします。まずはワイヤーの先につけたカメラで排水管内部の状態を調べていきましたが、予想していた通りにかなりのヘドロが固まっている状態です。ある程度先に進むと、すっかりパイプを塞いでしまっていました。ただ、こうしたヘドロは簡単な作業で取り除くことが可能です。お客様に点検で把握した排水つまりの原因とこれから行う修理内容をお伝えし、ご了承、ご署名をいただいてから作業を開始します。

まずはワイヤーブラシを挿入してあらかたのヘドロを掻き出していきますが、絡みつく髪の毛やさまざまな汚れの固まりがごっそりと取れていくところを見て、お客様も驚いているご様子です。あらかた排除し終えてから、仕上げに市販されているものよりも強力な洗浄剤を使い、汚れを浮かせてから高圧洗浄で押し流しました。最後にお客様に無事に水が流れるようになったことを確かめていただき完了です。

排水管内の汚れが原因のお風呂の排水つまりは、お時間をおかけせずに解決できます。