常陸大宮市でトイレの水漏れ

トイレの水漏れで困っているという、常陸大宮の方からお電話を頂き急遽駆けつけることになりました。浴室やキッチンなどの水場と違い、他の場所で代用することが出来ないので急いで故障を直す必要があります。

お宅は常陸大宮の静かな住宅が並ぶ地域の一軒家で、綺麗に手入れをされていました。お掃除など日常的な個所はきちんとされていても、給水装置や便器までは気が回らないことが殆どでしょう。一般の方が意識してトラブルを未然に防ぐのは難しいところなので、仕方がありません。

早速、状態を見せていただきどこからの漏れなのかを確認させてもらいました。床が濡れている状態でしたが、止水栓を止められていた為その段階では無圧となっており、温水便座に問題があるのか接続管に問題があるのかどちらかだと検討をつけました。

接続されている給水管は15年ほどで経年劣化が始まります。パイプのなかが錆びたり腐食してひびが入ったり、繫ぎ目部分のパッキンが劣化を起こす可能性があります。

温水便座は構造が複雑に作られているので、様々な接続部分で水が漏れる原因がみられます。もしもご自身で水漏れを止める場合には感電の危険や漏電しないように、必ず最初に温水便座の電源を抜くようにしてください。便座の脇部分や操作パネルの下から水が垂れている時には、ご自分ではなく専門業者の修理を依頼した方が良いでしょう。

調査の結果給水パイプからも水漏れであることがわかりました。工事中に大量に水が溢れ出さない様に水道の元栓を閉めて頂き、モンキーレンチでナットを緩めパイプを外すと内部の劣化状態が見られました。錆びで腐食したことで、ステンレスのパイプも耐え切れずに細いひび割れが発生していました。

パイプを新しいものに交換すると同時に、パッキンも劣化がみられましたので同じサイズのものと交換しました。きちんとナットを締めておかないと再び水が垂れてくる可能性があるので、ここは注意するべき点です。最後に止水栓を緩めて、最終確認として水が漏れないかも確かめました。

トイレは日頃何気なく使っていますが、壊れて仕舞うと非常に不便な場所です。