常陸大宮市台所水漏れ

台所周りの水漏れが発生したとのご連絡を受けて、お客様のもとへ見積り、修理を行ってまいりました。

ここ常陸大宮市といえば久慈川の氷花(シガ)は低緯度でできる世界的にも珍しい地域です。

それだけ寒くなるこの時期、水回りの施工は慣れていないお客様が奮闘して作業を試みられると手先だけでなく身体まで冷えてしまうことも多いので、原因が不明であったり、なかなか修繕できない場合などは無理せず弊社にお任せくださることをお薦めします。

到着後症状の確認と原因の調査をいたします。

キッチンのシンク下にて問題が発生しているようです。

こちらのお宅の場合台所のシステムキッチンを購入して12年程度とのことでしたので、まずは各消耗品、部品の経年劣化を確認していくことにします。

まずは水漏れが見られるシンク下の排水ホースの確認です。

ビニール製ですとやはり経年劣化いたしますので破れて水漏れが発生するのですが、今回は問題ありませんでした。

その確認と同時にホースと排水管のズレがないかも確認いたしました。

次いで配水管からの水漏れと排水溝、配水管、配水ホースを連結するクランプ、ナットの緩みがないかも確認いたしましたところこちらにも以上がありませんでしたので、台所下でのトラブルではないと判断します。

残るは蛇口とシンクと排水トラップの継ぎ目のパッキンのゴムの経年劣化によるトラブルにほぼ絞られるのですが、今回は後者のシンクと排水トラップ間のゴムパッキンの劣化によるものでした。

こちらが原因ですと解決方法はいたってシンプルで劣化したものを新品と交換する作業になります。

シンクと排水トラップを接続しているナットも手で回せる場合がほとんどですから、ものの10分もかからないのです。

お客様ご自身で交換することもナットさえ手で外せるものでしたら、特別必要な工具はないです。

但しサイズが様々ですから仕様書を見るか、現物を持ってホームセンターへ向かうのがお薦めです。

同じように水道の蛇口の水道パッキン、ケレップも今まで交換をしたことがないとのことでしたので、交換のご提案をし了承をいただいたうえで交換させて頂きました。

使用環境にもよりますが、ゴムパッキンの耐用年数はおおよそ10年程度ですので蛇口のトラブルを予防する意味での最善策と言えるでしょう。

お褒めの言葉と今度は仕事抜きで氷花が見れるといいねと仰ってくださった常陸大宮市のお客様ありがとうございました。