台所の水漏れ施工事例

今回も茨城県つくばみらい市にお住いのお客様からお電話で相談があり即日現場にお伺いして修理を行いました。まず、台所での水漏れトラブルというのは、蛇口からの水漏れか、シンク下の排水パイプや排水管などからの水漏れなどに分けられます。このうち後者の排水パイプからの水漏れとなると、修理もやや複雑になるため工事費用もかかってしまうのが難点です。今回のケースの場合は、不幸中の幸いで、水栓からポタポタと流れているというないようでした。
お宅に到着して台所を拝見した際にも、シングルレバー水栓の蛇口からはひっきりなしに水滴が落ちていました。

お客様のお話によると、水漏れしだしたのは思い出せないぐらい随分以前からだったそうです。以前は水栓のレバーをしっかりと強めに締めれば水滴はすぐに止まったそうです。ですが、それが時間を経て少しずつ悪化していき、現在のポタポタとした水漏れが、どんなにレバーを強く締めても止まらない状態になってしまったとのことです。こちらのお宅も築年数は17年超、こちらのシングルレバー事態も17年ものということになりますからかなり古いと言えるでしょう。比較的新しいモデルの物であれば内部に組み込まれている開閉弁部を少し新しくしてあげればそれで済むかもしれません。しかし、ここまで年数が経過してしまっている物に関してはたとえそれらの処置を施したとしてもまたすぐに水漏れが発生してしまう可能性があるのです。ですからできれば水栓自体も新しいものにするのが理想的であることをお客様にお話しし、お見積もりも出させていただきました。

実際、点検時にステンレス素材の蛇口部分の根元に小さな亀裂が入っており、かなり劣化が進んでいることがわかりましたのでお客様にもその部分をおみせしましたところ、やはり新しい水栓への交換を希望されたので、最新のシングルレバー混合水栓の取り付けを施工することにしました。真新しい蛇口になりピカピカでとても気持ちが良いものです。特に主婦のかたにとっては、台所を使用される時間も長いですから新しい水栓に交換することで作業の効率もアップすることは間違いありません。作業自体は水栓交換作業だけのシンプルな内容でしたので1時間もかからず完了させることができました。