水栓腐食による水漏れ

ひたちなか市の一般住宅にお住いのお客様からキッチンシンクの蛇口の付け根から水漏れしているので修理してもらいたいというお電話がありました。こちらのお宅のキッチンシンックには定番のシングルレバータイプの混合水栓が設置されているというご説明がありました。蛇口の根元が少しグラついているのに気がつかれたのは1年以上前のことだそうで、最初の頃は特に水漏れなどのトラブルは発生していなかったので、そのままにしていたそうです。ところが、ここ1ヶ月ぐらいの間に、水が接続部分から漏れてくるようになったので慌ててしまったそうです。

とりあえずは、ひたちなか市の方に出張のお見積もりとともに修理サービスに向かうことになりました。キッチンのシングルレバータイプの水栓からの水漏れは実は大変多いことで知られています。キッチンのトラブルのトップに入ることは間違いありません。それほど頻繁に起きる部位だと言えます。特に、今回の場合は水栓本体の根元もうまく固定されておらず、少し動いてしまっていたので長い年月の間に、少しずつ水漏れも実は発生していて、周辺の部品なども少しずつ腐敗が進んでいたのではないかと思われました。実際、水栓本体を分解して点検してみると、やはりサビつきもあり一目で劣化状況が確認できました。

こちらのお宅は築15年で、当初からこちらの水栓を使用されているので劣化するのも仕方がないことです。ちょうどこのタイミングで水漏れが発生し、新しい水栓に交換してしまうのが良いことをお客様にお話させていただきました。お客様のほうも、かなり古い水栓でしたので新しくしたいと考えていたそうです。そういうことで、手持ちの水栓のなかからお客様のお好みのメーカーのものに交換させていただくことになりました。

慎重に古い水栓を取り外し、新しいシングルレバー混合栓の取り付けを行い、1時間以内でピカピカの水栓の設置が完了しました。水漏れもなくなり快適に使用していただけるようになりお客様にも喜んでいただきました。