意外な盲点

今回は、茨城県古河市にお住まいのお客様宅にて、トイレのつまりについて意外と気が付きにくい原因を紹介したいと思います。 通常であればトイレの流水レバーを引くと、水や汚物はパイプを通じて下水管に流れていくのですがつまった結果、それが溢れて家に逆流してしまうという現象でした。

そもそも、排水管はつまりが発生しやすい構造となっています。それは、S時に湾曲していることに起因します。最初から、湾曲させずに直管にすれば、問題ないと考える方もいらっしゃるでしょう。仮に直管であればおっしゃっているように、つまりはほとんど発生しません。

しかし、下水道からの悪臭であったり害虫が家に入ってきてしまうこととなるのです。そうならないように便器内は常時水が貯まった状態となっています。 今回の場合ですと、詰りはこの箇所に物が滞留したことにより発生した訳ですが、お客様に、何か心当たりがないかを確認してみますと、家のなかにゴキブリが出たので、退治したあとにトイレに流したということでした。

この時、トイレットペーパーを使用していれば水に溶けますので全く問題なかったのですが、普通のティッシュペーパーで覆ったうえで流してしまったとのことでした。 状況は理解できましたので、修理をさせて頂きましたので。今回はつまり具合がひどかったため、ポンプでつまりを除去することができなかったので、S字パイプを分解してつまったものを除去することとしました

若干の手間はかかりますが、修理に要した作業時間は1時間から1時間半程度でした。 お客様は、最悪即日修理ができないかもと心配されていたため、短時間での修理完了となりましたので、大変喜んで頂きました。今後は、トイレに流すものとしては異物については極力流さないようにお話をさせて頂きましたの。

イレのつまりの原因は、多種多様となっています。今回は簡易的に修理が可能でしたが、内容によっては非常に困難を極める可能性もございました。 トイレは日常的に必ず必要なものです。皆様におかれましても、適切な維持管理をしていただきますよう、お願いします。