部材の老朽化

私は茨城県古河市にて、水道事業者を営んでいます。今回は、茨城県古河市のお客様のお宅にて、台所の水漏れに関する補修を行って来ました。 今回の事例としては、ンク下の給水管及び排水設備からの水漏れでした。確かにシンクの収納エリアから中を覗いてみると水漏れが発生しています。

どばっという感じではなく、ポタポタという感じでしたが、流しの下に入っているものについて水害が発生していましたので、早急に修理する必要がありました。 修理にあたって、まず準備しないといけないのが止水です。給水管の部分では、常時水が流れているため、このままでは修理することができません。

そんな時の為にこれらの給水設備には予め一時止水弁がさずけられているので、そこを閉めることによって水を止めることができるのです。しかし、今回はその止水栓そのものが経年劣化によって壊れていたのです。止水栓そのものを交換することにより、修理を完了することができました。

こうなってしまった原因を調べてみると、排水口および接続されたパイプに問題が生じていることが判明しました。こちらは、繋ぎ目のナットが緩んでいることがわかりましたので、ナットの増締を行いました。また、パイプを補修することによりキッチリ水漏れを解消。 今回の事例については、なかなか水回りの知識と補修すべく必要となる技術がないと、直すことは難しかったでしょう。

また、これらの原因は使い方が悪かったわけではなく、長年使い続けることにより部材などに疲労が蓄積して発生した損傷と言えるでしょう。大事に使っていたからといって回避できる事象ではありませんでした。 こういった損傷を、お客様個人にて修理しようとすると逆に悪化する可能性もございます

そういうときは、まずは我々水道事業者にご連絡をいただければと思います。地域密着にて活動しておりますので、ご不便をおかけしないように迅速に対応させていただきたいと思います。