ひたちなか市の台所排水詰り

茨城県ひたちなか市にお住いのお客様から台所排水つまりの修理のご依頼がありましたので早速ご自宅のほうへ向かいました。お電話で、まず現状を簡単にご説明いただいたところ、台所の排水のほうから、ボコボコと音がしたかと思ったら、その後から逆流とまでは行かない物の使ったらその分だけシンクに排水が溜まった状態になってしまうというお話。

以前から、時々シンクの排水の流れが悪くなることがあり、その都度、家庭用のパイプクリーナーを流し入れたあと熱湯を流してご自身で対応されてきたようです。一旦は、水の流れが改善するのですが完璧には元どおりにならず、そのまま使用していたら今回のつまりが起きてしまったとのことでした。

台所のシンクから油汚れや食べ物かす、食材などが少しずつ流れ込んでしまいがちです。特にフライパンなどを洗浄した際に油が排水パイプの方へ流れてしまうと排水管の内壁に時間をかけて少しずつ油が蓄積してきます。この油汚れは水などが通過すると、さらにプラスチックのように硬化してしまうので非常にたちが悪く、あっという間につまりを形成してしまいます。

一度塊となってしまった油分は、通常の家庭用パイプ洗浄剤では効果が出にくいので、ここまでくるとやはり水道修理業者に任せていただくしか解決方法はありません。今回の場合も、かなり排水管内部に油汚れが付着しているのが発見できたので、まずはこの汚れをトーラーと呼ばれるワイヤー器具を使用して汚れを削り落としていく対応を行なっていくことになりました。

かなりカチカチになっている汚れを回転している先端部分で汚れを除去すること1時間近くで、なんとかつまりを取り除くことができました。仕上げに業務用のかなり強力な薬剤も注入しておけば、当分はつまりが形成されることはありません。時間をかけて丁寧に作業を行いましたので、これで安心です。水を流してつまりが無くなったことを確認して、作業を無事に完了することができ、ホッと一安心でした。