鹿嶋市の水漏れ

東日本大震災の際、鹿嶋市でも大きな揺れを感じました。

各家庭でトイレや水道の水漏れがたくさん起き、地面の陥没や水道管の断水によりライフラインが完全にストップした苦い経験を多くの人たちが経験しました。

地震などの災害時には、水漏れがつきものです。地震の規模にもよりますが、大きな揺れがあるとパイプには亀裂や破裂がどうしても起きてしまいます。そうなると自力で修理することは不可能です。水道修理屋の依頼が絶対必要になります。

業者がくると、止水栓を閉め、水の供給をストップします。そして問題箇所を補修していきます。昔は金属製の管が主流でしたが、最近では引張強度の高い樹脂製のパイプが利用されるようなりました。耐久性に優れ、環境にも良いということで、樹脂性のこれらのものが普及していったのです。

緊急の措置としてパイプ交換で済めばいいのですが、大地震などが起こるとかなり大きな工事となります。いわゆる家全体の引き直し工事が必要になることがあります。作業員が故障箇所を見て、見積もりを出します。大規模な修理が必要となれば金額も多くかかってしまいます。

よく水道管の破裂の際、思い込みで誤った対処をしがちです。これが状況を悪化させつことがあります。まず必要な措置として、漏れの箇所がわかればそこにタオルなどを巻くこともひとつの方法です。そして一番大切なことは止水栓をとめることです。止水栓は水道メーターの横に設置されていることが多いので、日頃から緊急時のために場所を確認しておきましょう。とれる対策をした後は、いち早く水道業者を呼んでください。

大規模災害の時は、どの家庭でも水漏れなどが起きていますから、アクセスがつがりにくくなります。その為日ごろよりこちらの地域で対応可能な業者をいくつかリストアップしておくと良いかもしれません。茨城水道仕事人では現在県内全域をカバーしております。緊急時に限らずどうぞご活用ください。