ゴムパッキンは困りもの

バスルーム、普段から水を使っている場所であることから、水漏れをしていたとしても、非常に気がつきにくいと言えます。例えば、深夜の静まり返ったときに、普段聞きなれないスースーやポチャンポチャンといった音を聞いて、異常事態だと認識する方も多いのではないでしょうか。

仮に、排水が漏れていたとしたら、異臭が室内に入ってこないと分からないかもしれません。 今回のお客様のお宅での事例は、お風呂場での蛇口からの水漏れでした。現場を確認すると、確かに蛇口は固く閉めているのにポタポタと水漏れが発生していました。どれだけキツク締めたとしても、症状が収まることはありませんでした。

原因究明を行いますと、蛇口および水栓には多くのパーツが組み合わせって構成されています。複雑にパーツが組み合わせっているからこそ、どこか一部分でも損傷が発生してしまうと、そこから水漏れの原因に繋がります。 特にゴムパッキンなどは、消耗品として扱われていますので非常に経年劣化を起こす部品です。今回は、このゴムパッキンの経年劣化に伴う形状変化です。

ここが悪くなってしまうと、部品同士の継ぎ目に細かな隙間が発生してしまうのです。幸い、ゴムパッキンは容易に交換が可能である部品となっています。すぐに、そのパッキンを変えることにより、今回の水漏れについては改善することができました。 今回はパッキンでしたので、非常に簡単でしたが、同じ地区ではつい先日も給湯器からの水漏れというのもありました。

こちらは、非常に厄介です。給湯器は精密機械と言うこともありますので、部分的に修理してもなかなか直りません。 我々水道事業者にご依頼いただければ、原因究明と迅速な復旧改善を行わせていただきますので、今後ともご愛顧いただきますようお願いします。