長年使うと・・

本日お客様のお宅は、ご高齢の方で現在は一人住まいをされておられる方でした。今朝、洗濯をしていると、機器を置いているところが水浸しになっていたため、慌ててご連絡を頂いたという次第です。 現地にて詳しく確認をさせて頂くと、本体については使い込まれてはいるものの、亀裂などの損傷は確認できず、動きとしてもスムーズであったため、そちらは問題ありませんでした。

しかし、今回の問題を発生させた原因は排水パイプの方だったのです。限られたスペースや元からの配管位置にフレキシブルに対応させるため、通常この手のパイプは蛇腹形状のパイプとなっており、ある程度の流動性が保たれているものでした。それが、長年使い続けていたことによる疲労の蓄積で、表面にクラックが発生し、水漏れを引き起こしていたのです。

内容としては、これを新しい物に交換することにより、解決することができました。 しかし、若干気になったことがあったので、今回の修理に合わせて改善をした点があります。 それは、ホースの設置位置です。気を付けないといけないのは洗濯をしているときでもそうですが、特に顕著に顕在化する脱水の時の振動です。どうしても、運転の途中は内部のタービンが高速回転を起こしているので、振動を伴ってしまうのです。

今まではそれぞれが直接的触れるような位置にあったため、疲労の蓄積による損傷が通常よりも早いのではないかと考えました。今回は、修理と同時に排水パイプの位置を変更して、洗濯機に直接触れないようにしました。 今後、排水パイプを新品に変えましたのですぐに水漏れが発生することはありませんが、これまでよりも長く使えるように心がけたつもりです。 今後とも、水回りのトラブルが日常的に発生した際には、是非とも我々業者を頼っていただけますと幸いです。