土浦市に住むお客様から風呂で使用している蛇口から水漏れが起こっているという連絡がありました。早速、ご自宅に伺って様子を見てみると、かなり年季の入ったツーハンドル型のものでした。お話を聞いてみると25年くらい経っているということでした。  

様子を見てみると、偏心管のつなぎ目より染み出ており分解してみると予想通りパッキンが劣化していました。さらに各接続部の劣化とシャワーホースのに入った亀裂によっても漏れが見受けられました。  パッキンの消耗であれば新しい物に取り替えればすぐに修理は完了します直すことが可能ですので、早速新しいものに交換して見ました。

するとすぐに見受けられていた症状はなくなり、修理完了となりました。またホースの場合は適合する物を用意する迄は対応できないため、応急処置としてテープで補修して部材が到着次第、再度訪問というお話をしました。  その旨をお伝えした所、奥様よりどうせなら水栓本体を替えてしまいたい、という申し出がありました。

ツーハンドル型の蛇口は最も安価で、昔はこのタイプが多かったですが、最近はサーモスタット付きが一般的になってきました。  このモデルは温度を調整するハンドルがあり、この設定した温度のお湯が出る仕組みです。細かく調整することが可能で、出てくる水が急に高温になったり、逆に冷たくなったりなどの変化に対して心配がありません。

昔はかなり高価でしたが、最近は安いものだと15000円くらいで販売されています。そこで、お客様に予算を聞くと、お任せするということだったので、最も一般的な水栓を取り付けることにしました。  早速取り換えフローを終了すると、新しい蛇口に変わって奥様にも喜んでいただけました。そして翌日、また連絡があり今までに比べると格段に使いやすくなったというお礼のご連絡がありました。