ラバーカップで直せない時は

茨城県鹿嶋市は鹿島アントラーズの本拠地として町をあげてチームをサポートしているサッカー熱の高い市です。この鹿嶋市内にお住いのお客様からご自宅のトイレがつまってしまいすぐに修理に来てもらえますかとのお問い合わせがありました。トイレのつまりは緊急対応が基本となりますので、直ちに現場に向かいました。ご自宅へは20分ほどで到着し、すぐにトイレのつまりの状況確認を行いました。

水位はそれほど高くはないものの、それでも便器内で通常の水位よりもはるかに高い位置まで排水が上がってきていました。この状態で、水を流すと確実にあふれてしまい、床まで水びたしになってしまうことは間違いありません。お客様がつまりを取ろうと何度もレバーを押すことなく、私の到着をお待ちいただけたことは大変賢明な判断でした。

トイレの横には、ラバーカップが置いてありましたので、ご使用になられたのかを伺ったところ、ラバーカップを入れると水が溢れそうだったので取り出してきたものの、使用はしていないとのことでした。 トイレのつまりがある場合は、素人のかたの判断で色々な手を尽くされる場合がありますが、逆に状況を悪化させてしまうことも多いのです。

正しい判断は、やはりプロの水道屋に任せていただくのが一番です。とりあえず、トイレの水を抜き、排水口の奥の方に何が詰まっているかを調べました。するとちょうど便器内から細くなっている部分に、何かしら固いものが触れるので、これは落下物によるつまりが濃厚となりました。お客様も心配そうに作業の様子を見守っておられましたので、何かお心当たりがあるかうかがってみました。

すると、ちょうどトイレの便器横には飾り棚があり、そこに小さなガラスの置物を2、3個ほど飾っていたそうです。それが、いつの間にかなくなっているので、もしかしたらそのガラスの置物が落ちてしまったのではとおっしゃっていました。 中につまっている固形物を慎重につまみ出してみると、確かに小指ほどのガラスの動物の置物でした。

これがつまり、さらにここにトイレットペーパーが引っかかり、水の流れを止めてしまったようです。ペーパーも全て排水口の奥から取り除き、トイレの水を流して水流が戻ったことを確認できたので、一同ホッとしました。