茨城県水戸市千波町でトイレの床水漏れ修理対応

依頼場所

茨城県水戸市千波町にお住まいの方から

依頼内容

トイレの床部分の水漏れを直してほしい

作業時間

1時間ほど

作業前の状況

水漏れしている個所を確認した所、便器と排水パイプの間のフランジパテという部分が劣化してしまっていることが原因だと分かりました。そしてその劣化の程度が酷いので修復することは不可能で、劣化しているフランジパテをすべて取り換えるべきだと判断しました。

作業内容

フランジパテを交換するためには、便器を一旦、取り外す必要がありましたので、まずは止水栓を閉めて水を止めました。その後、レバーを使ってタンク内の水を全て排水し、作業中に床が水浸しにならないように注意しました。そしてタンクに接続している給水管を取り外し、便器の下の固定ボルトを緩めた後に便器とタンクを一緒に持ち上げて取り外しました。

トイレ修理

その後、古いフランジパテをマイナスドライバーで取り外し、そこへ新しいフランジパテを取り付けました。そして便器とタンクを元の場所に固定させました。そしてタンクに給水管を接続した後、止水栓を開けて動作確認を行ったところ、正常通りに使用することが出来ることを確認できました。問題だった床部分の水漏れも無くなったことを確認し、作業完了です。これで水漏れの心配をすることなく、トイレを使用することが出来たと喜んでいただけました。ありがとうございました。