ひたちなか市でトイレつまり

茨城県ひたちなか市にお住いのお客様からトイレがつまって水が流れなくなったので緊急で対応して欲しいとのSOS。便器が使用できないのはまさに緊急事態です。最悪の場合は排水が逆流してしまい溢れてしまうことも考えられるのでスピーディーな対応が肝心です。

 

お電話をいただいてからすぐに現場に急行しました。ひたちなか市の閑静な住宅街の一角にあるお客様のお宅は、築25年以上の一戸建ての住宅でした。こちらにご家族5人でお住いでお子様3人おられるので、今回のトラブルは大きな問題になります。さて、まずはその状況を点検させていただくことにしました。通常の水位は便器の縁から約5センチぐらいのところまで上昇しており、まさにギリギリの状況でした。ですが、トイレの水を流さなければこれ以上水位が上昇することはありませんとお伝えすると、お客様もホッとされたご様子でした。

 

このような事態が発生してしまったときには、二次災害を防ぐためにも、何度もむやみに洗浄レバーを押して水を流さないようにしましょう。つまりを取ろうとして水を何度も流すとそれだけ、水が溢れかえってしまう危険性が高くなってしまいます。つまっていると思ったら、まずは水道修理業者にすぐに連絡することが重要です。

 

さて、こちらのお宅の修理を早速開始しました。まずは便器内の水を抜く作業を行なってから、つまりの原因を探っていきます。便器の排水のあたりから内部を探っていくと、なんらかの硬い異物が詰まっているのがわかりました。器具を使用して慎重に作業を行い、つまりの原因を取り出すことができました。どうやら長さ6センチほどのプラスチックのキリンの人形がつまりを引き起こしていたようです。今回のようにお子さんのおもちゃがトイレにつまってしまうことはお子さんがおられるお宅では割と多く発生しています。小さなおもちゃでも、排水口はかなり狭いのであっという間につまってしまい、そこにペーパーなどが絡みつくと完全に閉塞状態になってしまうのです。

 

とりあえず、つまりは解消しましたのでトイレの水もフラッシュをしたら問題なく流れていくようになりましたので修理はこれで終了。