水戸市の洗面蛇口水漏れ

住宅で起こる水漏れトラブルで、意外に多いのが洗面 水漏れです。特に蛇口まわりで生じるものに関しては、普段から近辺が濡れていることも多く、なかなか気づかずに症状を悪化させてしまうケースが少なくありません。毎日のように利用しているからこそ、気になることがあれば早急に対処するのが賢明です。

この度は、郊外にお住まいのお客様から「洗面台の水栓レバーがなんだか湿っぽくなっているような気がするので調査をお願いしたい」とのご連絡をいただきました。上下して吐水、止水する蛇口レバーは台所や洗面台などで近年広く普及しているものですが、どこか1ヶ所でも部品に不具合が出てしまうと正常にその役割を果たせずにつまりや水漏れとなって不具合が表れます。今回はレバーの下部があやしいということで、お電話後すぐに現場にお伺いして対応させていただくことになりました。

閑静な住宅街にあるお客様宅の1階、玄関脇にある洗面台を早速拝見します。利用されていたのはレバーが1つ、温度調節まで可能なシングルレバー混合栓で、動かしてみると吐水時にそのレバーの下部から水が漏れ出していることが確認できました。このタイプは内部のカートリッジが水量や温度を調整する仕組みですが、このような場合には何らかの原因でカートリッジが消耗し、不具合が出ているケースが疑われます。お聞きしたところ、洗面台は10年ほどしているということでしたので、おそらく経年劣化によるものでしょう。

修理に必要なのは問題を起こしてしまった箇所の交換。幸い対応する部材のストックがありましたので、お客様に作業内容と見積もりをご提示し、早速作業に取り掛かることになりました。まず止水栓を閉めてからレバーハンドルを取り外します。上部から外れ止め金具の類を順番に外して古いものを取り出し、新品を設置し直しました。また、分解をしていく際にパッキンの劣化も確認できましたので、お客様にお伝えしてこちらも新しいものに交換していきます。最後に実際にお客様にレバーを操作してもらい、無事に修理できたことを確かめていただき完了です。

幸い、あまりお時間をかけずに直すことができ、大変お喜びいただけました。水まわりで不具合が生じましたら、早急に対処可能なプロにぜひご相談ください。