水戸市の浴室水漏れ

茨城県水戸市内の一戸建てにお住いのお客様から修理依頼のお電話がありました。詳しくお話を伺うと、どうやら浴室内の洗い場の温度調節機能の付いている混合水栓の蛇口部分からの水漏れが発生しており、水栓をきつく閉めても、なお水滴が止まらないということでお電話をいただいたようです。

まずは水戸市内のご自宅の方へ伺い、水漏れの状況を確認させていただくことになりました。水漏れが発生したのは2ヶ月ぐらい前の事だったそうです。その頃は、まだたまにポトンポトンと水滴が落ちている程度だったらしく、この状況が水漏れであることも気づかなかったそうです。それが、1ヶ月ぐらい前から、水滴の落ちる速度がやや上がってきたと感じたそうですが、ここでも特に対応をするほどでもないと思ったとのことでした。そして今回、水漏れの状況がかなり悪化してしまい、常に水が糸を引くように細く流れてしまうので今回の依頼となりました。

サーモスタット混合水栓はレバー式になっており、毎日のように使用しているとレバー付近や内部のカートリッジも劣化が生じやすく、だいたい10年が交換の一つの目処となります。今回のお客さまのケースでは、12年という年数であることから混合水栓自体の劣化も確認できました。一般的な水漏れ修理ですとパッキンを交換したりカートリッジを交換するなどパーツ交換により改善する事がほとんどですが、今回のように10年以上の年数が経っている場合には、パーツ交換だけではすぐにまた水漏れが発生してしまう可能性が高いため、水栓全体を新しいものに交換する修理が最も有効であることをお客様にお伝えしました。

お客様も、新しいサーモスタット混合水栓に交換することに同意していただきましたのでお見積もりを作成し、早速作業に取り掛かりました。まずは止水栓をしっかりと止めてから古い水栓を慎重に取り外していきました。新しい水栓を取り付けてから止水栓を開けて通水状況を確認し、特に問題が見受けられませんでした。