オイリッシュな現場でした

鹿島アントラーズで有名な鹿嶋市にお住いのお客様のご自宅へ台所排水つまりのトラブルの対応にうかがってきました。台所の排水は、ちょっと油断をしているとあっという間に油の汚れなどがこびりついてしまい、そこへ次々と汚れが蓄積してしまうので、つまりが発生してしまうと雪だるま式にトラブルが大きくなってしまうもので、とても厄介です。

今回のお客様の場合は、だいたい2ヶ月に一度の頻度で、パイプ洗浄液を流したり、重曹やクエン酸などでぬめり取りをされたりなど、かなり丁寧に排水のメンテナンスを行なっていたそうです。それにもかかわらず、ひどいつまりが発生してしまったのでお客様もショックを受けておられたようでした。 日頃からこまめな掃除をしていても、こういったつまりが発生してしまうので、やはり水道修理屋による点検を定期的に行うことの重要性が浮き彫りになりますね。

さて、お客様のところへ急行して、つまりの具合を点検することになりました。お宅は2階だて一戸建て住宅です。台所は一階部分にありましたが台所に足を踏み入れた途端に、排水の嫌な臭いがありました。これは明らかに排水にこびりついた汚れや腐敗臭です。さぞかしお客様もご不便だったことでしょう。

台所のシンクには排水が溜まっている状態でした。少しずつは水位が下がっているというお話でしたが、私が点検している間も、ほとんど水位に変化がないぐらいでしたので、完全につまりが排水管を塞いでしまっている重度のつまりの状態です。シンク下の排水管の下にバケツを設置して分解します。溜まっていた排水が全て出切ったところで作業を開始するのですが、ここからかなり長いワイヤーを回転させながら中に挿入していき、汚れや塊を取り除いていきます。

油汚れは水にさらされていると、まるでプラスチックのように硬化してしまいますし、またそれに付着するようにドロドロのヘドロ状の汚れも目立ちます。台所は日頃から料理に使用しているフライパンや鍋類、さらには食器などを洗うところですから、これらに付着している油がどんどん排水管内に蓄積して排水の通り道を塞いでしまうので、今回のようなひどいつまりを引き起こしてしまったわけです。

ワイヤーの先端で汚れを落とす作業を1時間以上続けたところ、やっとほとんどの油汚れを落とすことができました。修理はここで終わりではありません。最後の仕上げ作業として業務用のかなり強力なパイプ洗浄液を流し入れておきます。一定時間そのままにして、残っている付着汚れを全て綺麗に落とし、水の流れを確認してから修理は完了しましたs