急な水溢れの際に

茨城県鹿嶋市にお住いのお客様から、洗濯機を脱水すると排水が防水パンに溢れてきてしまうのでどうにかしてもらいたいというご相談がありました。洗濯機自体は普通に作動しているとのことでしたので、明らかに洗濯排水のつまりが発生していることが予想されました。 洗濯排水は、普段からキッチンや洗面の排水口とともに、詰まりが発生しやすい箇所ですが、他の場所と比較してどうしても普段から放置されやすいのが洗濯排水口です。

というのは、キッチンや洗面の排水口は常に目に見えるところにありますが洗濯機の場合はそうはいきません。しかしながら日頃から排水口の掃除をしようにも、まずは重い洗濯機をどかさなくてはならないのでついつい後回しになってしまうのです。しかも掃除をするのは主婦のかたとなればお一人で洗濯機を動かすのはほぼ無理です。 そんなわけで、洗濯排水はとてもつまりを起こしやすい状態にある場所なのです。

とにかくこのままでは洗濯ができないのでご不便な状況ですから、すぐに対応させていただくことにしました。鹿嶋市内の住宅街にあるお宅まで車を走らせ15分で到着。お客様もあまりのスピーディーな対応に驚いておられる様子でした。水道屋は、対応の早さが命ですからこの点ではお客様に満足いただいています。 さて、早速洗濯機の設置場所に案内していただき、点検を始めます。

まずは洗濯機を慎重に防水パンから外します。洗濯機をどけると、防水パンには水が溜まっておりしかも長年の汚れもあってかなり汚い状態でした。洗濯石鹸を含んだ水垢がこびりついている状態、さらに排水トラップのあたりも部品を含めてドロドロっとした汚れがかなりびっしりとついていました。これは排水溝の奥のほうまでこのような汚れで覆われていることがわかりますね。

排水口からトーラーを入れて、できるだけ奥のほうから詰まりの原因となっている汚れのこびりつきを落としていきます。排出される水には洗剤や皮脂、髪の毛、糸くずなどあらゆるものが含まれており、つまりを起こしやすいのです。時間をかけて丁寧にこびりつきを落とすことができました。本体を元どおりにして脱水運転を行なってみたところ、ドレンがスムーズに流れていくのが確認できました。