日立市の台所水漏れ

日立市の戸建住宅にお住まいのお客様から、台所の蛇口の水漏れ修理のご依頼をいただきました。電話で状況を確認しましたところ、シングルレバーをお使いで、スパウトの上部から水が漏れているとのことでした。この状況で考えられる水漏れの原因としては、ナットが緩んでいる、あるいはバルブが壊れている、パッキンが劣化し寿命となっている可能性も高いです。さらにスパウトそのものの不具合の可能性も考えられます。

これらの可能性を思い描きながら、すぐに現場へと直行いたしました。初めて台所 水漏れを経験されたお客様の中には、とても慌ててしまわれる方も少なくありません。しかし、水回りはどの箇所でもその性質上経年劣化を起こし、必ず水漏れを起こすものです。その都度きちんと原因を調べ、故障している部品や消耗した部品を交換すれば問題は解決します

時には蛇口そのものが寿命で新しいものと交換しなければならないケースもありますが、いずれにせよそれほど大がかりな工事をすることもなくたいおう可能なのでご安心ください。さて、今回のケースでは、ナットの緩みはなく、スパウトそのものにも問題はありませんでしたが、バルブが破損しており、そこから水が漏れているようでした。ハンドルの回りも滑っているような状態でした。

また、パッキンも固くなっており、いつこのあたりが故障を発生してもおかしくない状況でしたので、バルブ及びパッキンを新品と入れ替えることとなりました。蛇口自体かなり年数が経過しているので、新しいものに交換してみてはどうかとご提案させていただきましたが、今回は費用を安く抑えたいとのことでした。

バルブとパッキンを交換したところ水漏れはちゃんとストップしました。お客様もほっとされたようで、これで一安心とのことでした。たとえぽたぽたと滴が落ちる程度であったとしても、水が漏れ続けているというのはあまり気持ちの良いものではありません。

水道代のことも気になることでしょう。もちろん元栓を止めてしまえば水漏れも止まるのですが、そのまま何もしないで放置するわけにもいきません。やはり水回りの修理は後回しにしないで、最優先で修理することをおすすめします。