那珂市の風呂水漏れ

本日は茨城県那珂市にお住いの方より「バスルームのカランが空回りするようになってしまったので見てほしい」という内容のご依頼を頂きました。

夕方よりお出かけされるご予定らしく、それまでの時間に修理対応希望ということでしたので簡単なヒアリングを行ってから現場へ向かいました。

お家は久慈川に隣接した住宅街の一角にあり、築年数30年ほどということ。

初老のご夫婦がお住いになっており、前までは同居されていた息子さんが住宅設備に関するメンテナンスをしてくれていたという事です。

現在はお仕事の都合で離れた土地にお住いということで、水道修理の為に呼ぶわけにはいかないという理由で弊社までご連絡をくださったというお話でした。

件のバスルームは過去に改装を行っており、その際に在来のタイル仕上げからユニットバスタイプに替えられたという事でしたが、それでも15年程は経過しているので節々に老朽化が見受けられます。

試しに水栓の開閉動作を行ってみたところ、事前に伺っていたようにレバーが完全に空回りを起こしており、シャワーとカランの切り替え所か出し止めすらままならない状態となっておりました。

発生している症状からプラスチックで構成されている内部ユニットの凸部が欠けてしまっている事が推測されました。部品の交換をすれば直すことは可能ではあるのですが、今回関しては使用年数を考慮して本体を新しくすることによって対処する事となりました。

使用したのはTOTO社製のTMGG40LEWというモデルで、既存の水栓と比較するとシャワーヘッド手元で水の一時止水を行える便利な「ハンドクリック」ボタンが備わっています。これによってシャンプー中や目を閉じている時など、他に手が離せないときにも水を止めることが出来るので楽ちんです。

お客様は新しくなった蛇口を見て「今晩の入浴がたのしみです」と仰っていました。