気のせい、と思ってしまう前に

茨城県は高萩市にお住いの方からお電話をいただきました。「洗面台の下の部分がどうも水漏れしているようだ」とのことです。詳しくお話をうかがいますと、ボウル下収納スペースへしまっているものを取ろうとすると水で濡れているのを見つけ、これは何か良からぬことが起きているのかと思って水を流してみると、案の定パイプのあたりからポタポタと水が漏れているのを発見されたとのことでした。

洗面台の蛇口まわりの水漏れはすぐ気づけますが、こういう普段から気に掛けることが少ない箇所に関してはなかなか気づきにくいものです。放置していると台の床に近い部分から木製の部分が腐ってくることもあり、危険でもあります。ひどい場合には床材まで被害が達し、洗面台だけの問題ではなくなってきます。すぐにお宅にうかがうことにしました。

高萩市といえば福島県にも近く、キャンプ場や渓谷もあり、とても自然が豊かなところです。今度は仕事ではなくプライベートで来てみたいなと思いながら車を走らせました。お客様のお宅は一戸建ての築浅のお宅でした。水栓回りのまだまだ真新しく、丁寧に使っていらっしゃることがうかがえます。

洗面台まわりの水漏れについては、大きくは見えている洗面台上の蛇口周りの部分からのもの、そして今回のような洗面台下の部分からのものに分けられます。そして、洗面台下からでも、さらに原因となる箇所はいくつかあります。元々収納してあったものをすべてどけてみると、まだ本体そのものに影響はないようでした。早期に見つけられたのだと思います。私も安心しました。

原因の箇所を探っていきます。給水管、排水管、排水の臭いをブロックする部分のトラップ、それぞれに接続箇所があり、すべて水漏れの原因となりえます。探っていくと、どうも給水管のようです。まず給水管のナットを締め直すと、ほぼ水漏れはなくなりました。念のために確認すると、接続部分のパッキンに劣化がみられます。このままではすぐにまた同じ状態になることが想像できるので、パッキンも新しいものに変更いたしました。

水を流し、水漏れが解消したことを確認しました。先にふれましたように、洗面台下の水漏れは見つけるのが遅れると被害が大きくなるのが特徴です。