トイレつまりに焦りは禁物

つくばみらい市の住宅街はそれほど古い町並みもなく、トイレの設備も新しいところが多いという統計データはあります。しかしながらこの様なトラブルの場合事故に近い所が多く、あまり関係なく発生します。幸いなことに私の担当するエリアは道路交通事情もよく、修理の依頼を受けた際も車でアクセスするにあたり、不便を感じることは少ない立地になっています。

さて、実際にトイレが詰まって便器から水があふれると連絡を受けたのが10時ごろでした。そこから1時間もあればアクセスできるのでほかの案件もなく、何なく現場に到着しました。実際にお客様の立場になってみるとトイレとお風呂は緊急を要することが多くすぐにでもきてほしいといわれることがほとんどです。 まず、お客様の第一声がすぐにきてくれて助かったということ。

実際にほかの案件があったとしてもアクセスがよいので午前中には作業ができたと思います。 早速現場を拝見すると、便器からすでに少し水がこぼれている状態でした。全く水が引けてくれる様子もなく、完全に蓋をしてしまっている状態でしたのでもっと調べてみると便器に子供が大きなフィギュアを落としたことがすぐにわかりました。子供もなかなか親に言い出せずにここまできてしまったようです。

実際にまずはあふれてしまった水を抜き取るところからスタートします。そして、便器のそこが見えたら、詰まってしまった大きなフィギュアを抜き取る作業です。実際には10センチ以上のフィギュアということもあって、ペンチと大きな鉄はしを使わなければ抜けない状況でした。とはいえ、原因が明らかだったのでこれを15分ほどで抜き取り、改めて水を流してみれば作業終了です。

実際には到着してから現場確認、作業時間も含めて1時間程度で終了しました。お客様にもとにかく早期対応がおわったところを感謝いただき、こちらとしてもありがたい限りです。そして、業者としてはとにかく何かを便器の中に落としてしまったらその大小を問わず、流さないでくださいという注意だけ促しました。