下妻市の風呂詰まり

風呂の排水がつまってしまったというご相談を受けましたので早速現地へ出張サービスに行ってまいりました。現場は茨城県下妻市の閑静な住宅街にある木造平屋建のお宅です。こちらでは2世代が一緒に暮らしておられる2世帯住宅です。玄関は同じ、浴室も共同で使用していますがキッチンは二つある設計になっているそうです。こちらのお宅は下妻で古くから米栽培の農家を営んでいるというお話でした。ここ下妻は米の生産地としての歴史も長い場所で、国内でもその生産量は、常時トップ10内に入っているほど盛んなんですね。

さて、こちらのお宅で風呂つまりのトラブルが発生したのは1週間ほど前だそうです。ご家族が多いので毎日のように風呂場は使用されています。この排水のつまりが発生してからは、洗い場の水が溜まりやすくなってしまって体を洗う時に随分不便を感じておられたようです。普段はシャワーを使用されることも多いのですが、つまりがあるためにシャワー使用を控えておられていたとか。

浴室のつまりの最大の原因は髪の毛や体の皮脂です。風呂場という場所柄、全身を洗ったりシャンプーをしたりすることがメインになります。しかもこちらのお宅のように6人家族でご利用になっていると、その汚れも排水管に溜まりやすくなり風呂つまりは頻発しやすいのです。

一度風呂につまりが発生すると、その部分にさらにつまりの原因が何重にも絡みついて、完璧に排水が流れなくなってしまったりすることもあります。こちらのお宅の場合は、風呂の排水のつまりは完全なブロック状態ではありませんでしたが、ほぼそれに近い状態でしたので、内部の汚れの蓄積はかなり重度に近い状態でした。

今までに、風呂排水の洗浄などは業者にやってもらったことは一度もなかったとおっしゃっていて、ほとんどご自身でパイプクリーナー使用で対処しておられたようです。家庭用の薬剤はそれほど強力な成分ではありませんから、頑固な汚れは残ってしまうことがあります。

早速、排水トラップを開けてそこからワイヤー器具を差し込んで奥の方まで押し込んでいきます。先端部分を回転させながら塊ができている部分を丁寧に崩しながら削り落とす作業を続けます。根気のいる作業ですが、ここで手抜きをしてしまうと、すぐにつまりが再発してしまうので注意しなければなりません。

1時間ほどかけて、排水トラップからの配管内の汚れを落として浴室洗い場の排水つまりを修理完了することができました。水を流して最終点検を行い、問題箇所が無いことを確認できたのでこの日の作業を終えることができました。