筑西市で洗濯機水漏れ

茨城県筑西市にお住いのお客様から防水パンが排水であふれそうになっているのですぐに来てもらえますかと、切羽詰まったご様子でお電話がありました。ちょうど脱水のサイクルが始まったと思ったら突然洗濯機がエラー音とともに停止してしまったそうです。急いで本体の様子をみてみると脱水途中で、まだ機器内部には水が半分ぐらい残った状態で完全にストップしてしまっている状態でした。さらに下部のほうに目をやると、パンが水でいっぱいになっていたので大慌てで私どもにお電話をいただいたという状況のようです。

日常生活を続けていく中でこのようなトラブルは、決して珍しいものではありません。水回りのなかでもどちらかというと、よく目にするケースです。年数が経つなどして機器本体が故障することもありますが、今回の場合は発生している状況とタイミングなどのことを考慮すると、トラップ内もしくはさらに奥の排水管が重度のつまりを起こしており、排水がうまくいかないために排水ホースと排水口のつなぎ目部分から排水が水漏れしてしまったと推測されます。

今回は緊急対応の必要がありますので、お問合せをいただいてから即お客様のご自宅の方へ向かいました。筑西市の住宅街まで渋滞なしで15分ほどで到着し早速、点検作業に入りました。

現状は脱水途中の状態で停止しているので、まず洗濯機内部に残された水を抜く作業を行いました。そして続いて本体を防水パンから取り外して排水口を露出させなければなりません。こちらのお宅で使用されていたのは全自動のドラム式で、それなりの重量がありますが、テコの原理などを上手く駆使して無事移動させることに成功しました。

やはり完全に詰まっている状態で、パイプ内の流量が一定を越えると水圧がかかってしまってホースの接続部分から噴き出していることが確認できました。ホースを取り外して点検を進めていくと排水トラップに石鹸カスがかなりびっしりと蓄積しているのがわかりました。早速トーラーを使用して内部の汚れを除去する作業を行いました。かなり排水管の奥の方まで除去作業を行なったことで、つまりの原因は、ほぼ取り除くことができました。

再び洗濯機を元の位置に設置しなおし、排水ホースを接続しなおし、改めて洗濯機を運転させてみると排水が順調に行われたことで洗濯機も問題なく脱水サイクルが作動しだして一安心です。洗濯排水は洗濯洗剤の石鹸カスや皮脂などが絡み合ってつまりを起こしやすい場所ですので定期的に薬剤処理をしておくと安心です。