依頼場所

茨城県行方市

依頼内容

小便器のピストン部清掃で水漏れ改善

作業時間

25分

作業前の状況

ボタンを押してもいないのにトイレの水がずっと流れているというお客様宅にお伺いしました。そのトイレとはチューリップ型の小便器で便器のひび割れなどを見てもかなりの年数が経っている印象でした。少量ながら確かに水漏れが内部で起こっていました。

作業内容

フラッシュバルブ本体の中身を確認することになるので、止水栓をドライバーで締めてから作業を開始しました。次に本体の頭部分にあるカバーを開いて、ピストン部を取外しました。細かい部品なので場所を変えて分解作業へと移行し、針穴よりも小さな穴を探し出します。汚れを丁寧に除去していくと、僅かな穴を見つけることができたので、清掃作業を終了しました。ピストン部を再び元に戻し、本体へと設置すると先程まで便器内部で流れていた水が完全に止まりました。ちなみに本体カバーにハマっていた黒いパッキンは劣化が進んでいたので、お客様に丁寧に説明をして新品に交換しておきました。帰り際はトイレ内にゴミや部品に工具などの置き忘れがないかを確認し、お客様宅を後にしました。