筑西市風呂水漏れ

今回お伺いしたのは茨城県筑西市にお住いのお客様のご自宅でした。筑西市は茨城県内では新しい市で、下館市や真壁郡の3つの街が合併して作られた街です。こちらの一角にある築18年の一戸建てのお宅にて風呂場の水漏れ修理を行いました。

水漏れをしているのは浴室洗い場にあるシャワー付きのサーモスタット混合水栓です。蛇口から水がポタポタと滴り落ちて止まらないとのことでした。こちらは8年ぐらい前にも水漏れトラブルがあり、その際に新しいサーモスタット混合水栓に交換されているとのことでした。それから再び10年経過しているので、内部のカートリッジの劣化やパッキンの劣化などパーツ自体が古くなっている可能性が高いです。水回りのパーツというのは、水に接触している時間が長いため、どうしても劣化スピードは早いのです。混合水栓なども平均的には10年程度の寿命だと言われていますが、実際には7年程度からトラブルが多くなってくるのが一般的です。

さて、まずはサーモスタット混合水栓を分解してカートリッジ内部を点検していきます。するとゴム製のパッキンは割れてボロボロに崩れてしまうぐらいひどく劣化していることがわかりました。これでは水漏れするのも当然です。さらにカートリッジ自体もひび割れなどの劣化がみられましたので、カートリッジも交換することが必要になりました。

ただこちらの混合水栓も10年以上前のモデルということもあり本体も製造中止しているため適合するカートリッジも在庫がないことがわかりました。お客様にはこの状況について詳しくご説明させていただき、新たなサーモスタット混合水栓を取り付けることでご納得いただきました。早速修理に掛かる金額の算出をし、お客様よりご了承とサインを得たところで交換作業を進めていきました。手持ちの在庫のなかからサーモスタット混合水栓を選び、設置していきます。メーカーは同じものを使用することになりましたので基本的には同じ使い方になります。新しいピカピカの水栓が取り付けられると浴室も明るくなったように見えます。お客様も、水栓が新しくなったことで浴室が清潔に見えると大変お喜びの様子でした。

今回は混合水栓の交換作業だけでしたので1時間ほどで全行程を終了することができました。お電話を頂戴してから30分でお宅に到着し、すぐに取り掛かることができたので午前中には新しい蛇口の設置は完了です。水道修理はスピーディーさが命ですから、お客様にもご満足いただいています。