下妻市のトイレつまり

茨城県下妻市にお住いのお客様からトイレがつまって流れなくなったので至急きてもらえますかと電話がありました。詳しいお話をうかがってみると、今朝トイレを使用した時に、いつものようにスムーズに流れていかず、しばらくゴボゴボと言う音とともに逆流してきて水位が一時的に便器の淵ギリギリのところまで上昇してしまったそうです。幸いにもその水はそれ以上上昇することはなく少しずつですが水位が下がっているようだとのお話でした。少なくともこのままでは新たにトイレの水を流せば間違いなく水が溢れてしまいますから、とりあえずトイレの使用を控えていただくことになりました。緊急対応のため、すぐに出動です。

トイレのつまりの発生はどのご家庭でも一度は経験されることが多い非常に頻度の高い水回りのトラブルの一つです。トイレということもあり、水が溢れたりすれば大変な二次的な被害も出てしまう可能性がありますし、またトイレを使用できないという不便さもあるので、とにかく一刻も早い対応が肝心です。

ご自宅は下妻市内にある一戸建てのお住いです。下妻市は茨城県の南西部にある農業が盛んなエリアにあります。米の生産や梨の栽培では非常に有名です。豊かな田園地帯が広がる中にも宅地開発も進んでおり、東京へも通勤圏内ということで注目されている街です。

さて、ご自宅に到着して、すぐにトイレの点検に入りました。私が到着した時にはすでに水位は正常の位置まで下がっていました。ですがこれはつまりが解消したわけではありません。トイレの水を流せば瞬時に水位が急上昇することは目に見えています。さっそくつまりの原因を探すために排水口から点検を進めていきました。するとちょうど排水口内部から少し下がったところに、なんらかの異物が引っかかっているのがわかりました。早速、特殊な器具を使いながら異物を慎重に引き上げていきます。やっと出てきたのはお子さんのミニカーでした。本当に小さなおもちゃですが、これでも十分にトイレのつまりを引き起こす原因になります。

こちらのお宅では小さなお子様が2人いらっしゃるということで、トイレにも今回のようなミニカーなどを持ち込まれることは、よくあるようです。思わず手から滑り落ちて便器の中に落下してしまい、そのまま水を流してしまうと、今回のようにつまりを引き起こしてしまいます。異物を無事に取り出すことができましたので、水の流れは正常に戻り修理のサービスはここで終了となりました。