稲敷市で台所の蛇口水漏れ修理の作業事例

依頼場所

茨城県稲敷市稲波

依頼内容

台所の蛇口水漏れ

作業時間

40分

作業前の状況

台所の蛇口を使おうとしてレバーを持ち上げたら、レバーが取れてしまったそうです。レバーが取れて蛇口内部の部品が見えている状態でした。

作業内容

蛇口水漏れ

依頼をいただいたお宅の台所蛇口のレバーはプラスチック製で、長年使っていたことで割れて取れてしまったようです。破損していて元の部品では取りつけが不可能なので、新しい蛇口との交換をおすすめしました。見積もりを立ててご説明すると、「ちょうどよい交換時期だと思う」とのことで、交換作業をいたしました。シンク下にある止水栓を閉めてから作業を開始します。止水栓とつながっている給水ホース、蛇口の順で取り外していきます。ホースからは水が漏れてくるので、シンク下を濡らさないようにタオルを敷いておきます。次に蛇口が取り付けられていた部分を拭いてきれいにします。新しい蛇口を固定するための金具を取り付け、蛇口本体をはめ込みます。ぐらつかないように固定をしたら、給水ホースと止水栓をつなぎます。止水栓を開けて、給水ホースのつなぎ目や蛇口から水漏れがないことを確認し、作業は終了です。