水戸市の修理事例

茨城県水戸市にお住いのお客様から大便器がつまってしまったのですぐに来て欲しいとのお電話がありました。朝一番のことでしたのでちょうどご家族のかたたちが出勤や通学で忙しい時間帯だったのでしょう。お電話口に出ておられた奥様もかなりパニックになっているご様子でした。この様な事態に陥ると、当然ながら今度は水が外まで溢れ出して二次的な被害に発展する可能性があるため緊急出動の必要性がでてきます。

とりあえずトイレの現状としては、まだあふれていないけれど,もう少しで限界を超えそうな状態であることは間違いなさそうです。お客様には、とにかくそのまま触らず、水を流したりせずにそのままの状態でしばらくのあいだ到着をお待ちいただくようにお伝えしました。 トイレの排水がつまる原因は、不注意で何らかの落下物があり、それがどこかに引っ掛かってしまった場合、もしくはトイレットペーパーを大量に流してしまい固まってしまった場合、さらには流せるお掃除シートを必要以上に使ってしまった場合、猫砂を流した場合などさまざまでです。

お客様にはお電話で、心当たりを伺ってみると、少し心当たりがあるかもしてないとのこと。 トイレのつまりの発生の前日に,トイレのお掃除シートで便器の掃除をされ、その際に通常の倍の量流されたらしいのです。そもそもこれらの製品に関しましてはながしても大丈夫な水溶性であることがうたわれていることが多いです。しかし実際にはトイレットペーパーよりも厚手になっている理由から、どうしても水に完全には溶けにくいものなのです。

お客様の場合は、今回の清掃されるときにこれを複数枚重ねて使用されていたそうなので、水に溶けにくい状態になり、それが排水菅につまってしまったのでしょう。 早速,つまりを取り除く作業を開始しました。まずトイレの水を抜いてから、排水管のつまりの部分を確認しました。するとパイプの吸い込み口からやや奥の箇所に問題が発生していたので、真空のパイプクリーナーを使用して、圧力をかけていきました。すると引っ掛かっていたシートが塊になって浮き上がってきました。これを取り除いて,再びタンク内の水を流してみますとスッキリ解決したことがわかりました。