油断できない洗面水漏れ

今回、洗面水漏れの修理にお伺いしたのは茨城県笠間市にて会社勤めをされている男性宅。笠間市は茨城県のちょうど中部に位置する丘陵地帯で、豊かな自然に囲まれています。国内有数の栗の産地としても有名です。

 

そんな美しい土地にお住いのお客様よりご連絡をいただいたのは本日早朝の事。洗面ボウルの下から水が漏れ出しているというご相談でした。既設されているのははシャンプードレッサータイプで5年前にリフォームされたそうです。ですからそれ自体は、まだわりと新しい状況でした。お客様が水漏れに気づいたのは足元の部分が湿っていて、最初は水をこぼしてしまったのかと思っていたのが、ある時、あきらかに水たまりのようになっていたので確信されたようです。

 

慌ててタオルを敷き詰めて対応されたようですが、木材の床に水が浸透すると腐敗に繋がってしまうとインターネットに掲載されている記事を見て、すぐに修理が必要ということで私共にお電話をいただきました。

 

まずは、水漏れがどこから発生しているかを点検作業で確認しました。すると収納スペースにある銀色のパイプの接続部分から水がポタポタと漏れているのを発見しました。排水トラップと床下の下水の排水管を繋いでいる部分のナットが緩んでおり、さらにパッキンの劣化もありましたのでパッキン交換の作業を行いました。リフォームしてから、わずか5年でしたが、S字トラップからの水漏れは、年数に関係なく発生してしまうものです。今回は、あまり被害が拡大する事なく、早めにお客様が水漏れを発見されたのは幸いでした。

 

まずは止水栓を閉めて水をしっかり止めてから作業に取り掛かります。S字トラップのナットを緩めて部品を分解していきますと古いパッキンが出てきましたので、これを新しいものに交換しました。そのほかの部品は特に問題はなさそうでしたので、再びナットをしっかりと締めて下水管を繋ぎました。このナットは緩まないように、きっちりと締めておきましたので、今後は水漏れトラブルは当面発生しないでしょう。

 

今回の修理は非常に簡単な作業となり、40分ほどで全ての作業を完了する事ができました。洗面の水を流しても、問題は起きていないことを確認したところでお客様に費用をお支払いしてもらい、出張サービスは無事完了。