こびりついたヨゴレもスッキリ解決

茨城県かすみがうら市のお客様から台所の排水つまりの修理のご依頼がありましたので早速修理に向かいました。かすみがうら市は茨城県の南部に位置する比較的新しい市です。霞ヶ浦に面した自然が多く残る街として知られています。

伺ったお宅は築14年の一戸建てで少しずつ水回りにもトラブルが出始める時期でした。台所シンクのつまりに気づいたのは1ヶ月ほど前の事だったそうで、食器の洗い物などをしてしばらく使用を続けていると、泡などが逆流してきて溢れてしまうという事でした。。水を勢いよく出してみると確か水が引けてくれるスピードはかなりゆっくりであることも確認できました。早速つまりを取り除く作業に移りました。

台所のシンクの排水パイプは、一般家庭では毎日のように調理器具や食器を洗うことでフライパンに付着した油脂が流れ込んでしまう場所です。油脂はある程度の粘度がある性質がありますからどうしてもパイプ内壁にこびりつきやすいものです。毎日油脂が流れこみ、少しずつ汚れの付着がひどくなってくると排水の流れが悪くなってくるのです。今回の場合は、完全に止まってしまっているのではなく、時間をかけてでも引いてくれている状況なので、単に排水管の内部がヨゴレの塊で狭くなっているようです。

トーラーというワイヤー器具を使用して、排水口から奥のほうまでワイヤーを通し付着している油脂の汚れなどを除去する作業を行いました。かなり奥のほうまでワイヤーを通して少しずつ手前に向かって汚れの箇所を削っていったので、作業を終えるころにはつまりは、ほぼ完璧に取り去ることができました。汚れの残りも完全に処理するために、業務用の強力なパイプクリーナーを流して少し時間をおき、最後に綺麗に洗い流して修理は完了しました。バケツに溜めた水を一気に流し、正常に戻ったことを確認し、お客様にもご一緒にご確認いただくと水が再び気持ちよく流れるようになったことに非常に喜んでいただくことができました。