ちりも積もればなんとやら

今回ご依頼をくださったのは大和駅から徒歩圏内にお住いのご家族様。どうやら出勤前に洗濯機を使用した所、防水パンより水が溢れ初め、あれよと言う間に辺り一面が水浸しになってしまったとの事。

お電話は奥様からだったのですが、当日中に修理が可能かどうかを気にされているご様子でした。そこで一旦落ちついて頂く為にも、直ぐに訪問可能であること、余程特殊なものでない限り対応もできますという事をお伝えしてすぐに車を走らせました。

お家は二階建ての戸建て住宅で、5年前に中古物件を購入されたという事ですが、以前にどの程度の設備メンテナンスを行っていたのかは不明瞭というお話。

早速例の現場を視させて頂くと、その時はほとんど乾いていたので分かりずらかったものの至るところに新聞紙やバスタオルが敷き詰められており、余程大量の水が溢れてきたという事をしっかりと物語っていました。

そこで一度洗濯機本体を別の場所へ移動させ、どこに問題が生じているのかを詳しく探っていく事に。

するとすぐに判明したのは排水トラップ内部への蓄積したヨゴレです。恐らく衣類から剥がれ落ちたものが長い年月を経てドロドロのスライムになったのでしょう。量やその匂いは結構強烈なものがありましたが、幸いな事に局所的な詰まりの様で、特に特別な工具を使用することもなく全て取り除くことが出来ました。

最後に洗濯機を運転させて脱水確認を行ってみると、今度はどこからも水漏れしてくる気配は感じられませんでしたのでバッチリです。

私たち茨城水道仕事人のモットーは「迅速かつ適正価格」での対応です。以外とこの両立が出来ているところは少ないかもしれません、しかし本来そうでなくてはお客様に本当の意味でご納得いただけたことにはならないと考えております。

困った時の相談役として、皆様のお話を仕事人へお聞かせください。