石岡市で洗濯つまり

洗濯機は便利なものでスイッチ1つで洗浄、すすぎ、脱水まで全て自動で行ってくれます。しかし、いろいろな機能が備わっているからこそどこかの過程で不具合を出してしまうと、それ以降の工程が全てストップしてしまうのが欠点でもあるのです。この度は石岡市で洗濯つまりの解消のご依頼をいただきましたが、これまでは正常に使えていたのに急に洗濯機がエラー音を出し、初めての事態ににっちもさっちも行かずに慌てて弊社にお電話くださったと伺いました。どこを確認すればいいのかもわからず、重たい洗濯機を1人で動かすことも難しく、手助けしてもらいたいとのご依頼です。

給水から洗浄、排水までを行える洗濯機まわりにはさまざまな部品が使われています。一口に排水つまりといっても、機器の内部で衣類から落ちるゴミなどがつまっているのか、ドレンホースか、はたまたトラップ内なのかいろいろなパターンが考えられますので、まずは現場で点検を行ってから正確な原因を把握しなければなりません。この後のお客様のご都合にも問題がないということでしたので、修理のためにすぐにお伺いすることになりました。

ちょうど3日間に40万人という大勢の観光客が訪れる常陸國總社宮大祭の開催前、車を走らせていると石岡市内の街も慌しさと祭り前の独特の楽しげな雰囲気に包まれています。そんな街中を通ってお電話から30分ほど後に到着したお客様お住まいのアパート2階、ご案内いただき早速詳しい状態を調べていきます。

本体の内部機構にあたる弁には多少ヨゴレが溜まっていたものの、つまりが発生するほどではありません。そうなると次に考えられるのが接続しているホースや防水パンのトラブルです。本体下部、壁に挟まれているこれらの部位を見るために持ち上げて確認をしていきましたが、見た限り相当な量のヘドロがトラップ内に堆積していることがわかりました。洗濯機で起きるこれらの問題は、同じようにして塞き止められてしまうケースが少なくありません。しかし、きちんと掃除すれば直せるはずです。

その旨をご説明し、お見積もり金額にご了承頂いた上で作業に当たりました。部品を1つ1つ丁寧に取り外し、洗浄剤やブラシを使って綺麗にしていきます。衣服の汚れや髪の毛や埃などの異物が堆積しやすいため、可能であれば定期的に掃除をするのが望ましい部位です。汚れを落として元に戻し、無事につまりが解消したことを確認していただいて作業を終えました。

このようなトラブルが発生すると、ご年配のかたや女性1人では動かしての確認も難しいケースが少なくないでしょう。解決が難しい場合にはお一人で悩まずに、わたしたちいばらき水道仕事人にご相談ください。