守谷市のトイレ水漏れ

守谷市在住のお住まいのお客様より、トイレの便器と床の隙間の部分から水漏れがしているとご連絡がありお伺いしました。

お客様からのお電話では、半月ほど前からトイレマットが湿っているのが気になり、しばらく様子を見ていたがおさまらないのでご連絡いただいたということでした。

便器下部からの漏水で考えられるのは、床排水の場合は排水管との接続部の不具合ですが、近年の衛生器具はメーカーの開発により、接続部の漏水はほぼ考えられません。

他に予想されるのはロータンクに繋がっている給水管の漏水、もしくはそれらのナット、温水洗浄便座が設置されているお家はパネルしたからの垂れているなど、その他にはまれなケースですがご使用されているお客様が気づかずに汚している等があります。

お伺いして現場を見せていただいたところ、すでに床へ水が滲んでおり、昨夜からは拭いてもまたでてくるという状態だったそうです。

トイレ本体と排水管の接続部が原因であれば、症状をのトリガーは流した時なので、常に出ているのであれば有圧箇所の可能性が高いと考えました。

タンクへのフレキシブル管を確認したところこれといった問題はなく、数回流しても漏水は確認できませんでした。

そこで洗浄便座を確認し、取り外して給水の接続部と便座下部を視認すると、器具下部が明らかに濡れており水がにじみ出ているようでした。

再度、設置して試用してみたところ、常に水が滲み出ている状態で使用時には得に多くその症状がでてしまうという状況でした。

これが便器の側面をつたい、床に落ちた水は縁を沿うように前側に流れ、パッと見で足元が濡れているように見せていたのです。

この様な事態に初めて陥った方は大体隙間から湧き出ている物だと考えてしまうのです。お客様は床板への影響を心配なされていましたが、ビニル製のクッションフロアも敷かれており、つい最近の出来事なので床への影響はほぼ無いと考えられます。

修理は便座内部の不具合なので、メーカーへのサービス依頼となる場合が多く、お客様にその旨を説明させていただいたところ、新築当時から設置してあったものなので、新しいものと取り替えたいと考えていたそうで、今回は修理せず器具交換の方向でご検討されるとのことでした。

改めて機種選定、お見積りでお伺いすることになりますが、現状は止水栓で断水している状態なので、なるべくご不便な思いをさせてしまわぬよう早急に対応していきます。