現場にあった対案を

茨城県守谷市のお客様のお宅にて、トイレの水漏れ修理を実施しましたので、ご紹介させていただきます。 トイレは皆さんが毎日使用することが想定されますので、水漏れなどの故障が発生すると非常に困ります。トイレの床において水が濡れていることや、タンクおよび手洗い管において水が滴るように漏れているなど、不具合状況は各お客様のお宅で千差万別です。

今回の不具合事例は床周辺の水漏れでした。現場のトイレを確認させていただくと、まさに床がびしょびしょにっていました。床周辺の水漏れは非常に複雑で、複数の原因が考えられるため、原因究明も考慮しなければなりませんでした。 例えば季節や環境によって左右されますが、結露で表面が濡れてしまっていることもあります。

しかし、そうでなれば便器と床の間のシーリングが経年劣化により剥がれてしまって、水漏れしているといった状況の場合もあるのです。 日常的に使用することによる経年劣化もそうですが、近年発生している地震によって振動を与えられることにより、日常的な使い方以上に疲労が貯まってしまっていることも十分想定できるものでした。

それらよ疲労に伴って、便器本体にひびが入り、排水管および便器の接続部分において損傷が確認されたのです。これが原因だとを突き止めることができました。 今回の修理内容としては、まず排水管を交換させていただくことにしました。また、老朽化も要因のひとつですが、ナットやボルトまわりも緩んでいたりすると、同じようなトラブルが発生することがありますので、今回は強く締めさせていただくこととしました。

これにより、排水管からの水漏れについては完全に改善することができました。 しかし、問題は便器の方です。こればかりは、我々業者にて応急修理したとしても同じ現象が起こることが非常に想定されます。 。