トラブルは突然に

今回は茨城県南にある東京のベッドタウンである石岡市にお住いのお客様のお宅に、浴室水漏れ修理にうかがってきました。お客様からお電話をいただいた内容は、浴室洗い場のサーモスタット混合水栓の蛇口の根元部分からの水漏れでした。

ご主人が、浴槽に浸かっている時にたまたまシャワーにつながる混合水栓から水が滴り落ちているのを発見されたそうです。 浴室というのは普段から床が水で濡れていることが多いため、水栓から水漏れが発生していてもなかなか気づきにくいものなのです

。知らず知らずのうちにそれが何ヶ月からひどい時には年単位で継続してしまうと、やがては水道代の高額請求になってしまい、そこで初めて状態に気づくということが多いようです。今回のお客様の場合は、たまたま発見されたということなので運が良かったですね。

お客様のご自宅は石岡市内の一戸建て住宅です。築24年のお宅なのでそれほど古い家屋ということではありませんが、20年をすぎるとそろそろ水回りのトラブルの発生頻度も増えてくる可能性があります。というのも、平均的には混合水栓などの寿命は10年前後と言われていますから、20年以上の築年数でいままで水漏れトラブルが発生しなかったのは、単に運が良かったと言えるのです。

今回の水漏れは、ほぼ間違いなく混合水栓内部のカートリッジの劣化やパッキンの劣化、もしくは混合水栓本体の劣化が原因です。出張点検にうかがってはっきりと突き止めると、やはり予想通りなかが錆びついており劣化が激しいことが判明しました。ただ、この混合水栓は新築当時に設置されてから24年経過しておりますので、同じ型番のカートリッジは現在入手できませんでした。

メーカーの方でも在庫が無いということでしたので、新しい混合水栓への設置をおすすめさせていただきました。お客様にも状況を詳しく説明させていただいたのですぐにご納得いただけました。 早速、新たな混合水栓を取り付ける作業を開始し、約一時間ほどで作業が全て完了しました。水漏れもピタリと止まり新しい水栓の設置によりお風呂場も使いやすくなったようです。今回はお風呂場の水漏れが深刻な状態になる前に対応することができたのでお客様も喜んでおられました。ご自宅が10年を超えたら是非とも業者による水回りの点検を定期的に行うことをおすすめします。