この音に注意!

今回の水回りの修理事例は一般家屋での洗濯排水のつまりのトラブルです。場所は茨城県水戸市。水戸市は県央地域にある茨城県の県庁所在地として古くから発展している街です。徳川家ゆかりの地として有名であり、梅で有名な偕楽園などの観光名所も有しているエリアとなっています。 水戸市内にお住いのお客様から一本の電話がありました。お話によると,洗濯機を回している最中に急に警告音がピーピーと鳴り響きそのまま運転が停止してしまったそうです。

エラー音の正体は排水を流し混んでいるパイプのつまりでした。以前から、何度か警告音がなって運転が急停止してしまったことがあったそうですが、適当に排水ホースが入っているトラップ部分を取り外してパイプ洗浄液を流して対処していたそうです。その度に、排水の流れが回復するので特に気にもとめずに繰り返し洗浄液を使っておられたとのことでした。

しかし,今回はどうやらいつもと様相が違いそれらの薬品を使用していつものように流してもつまりが取れず良くなってくれないということで、慌ててお私共への電話での修理ご依頼となりました。10年以上住まわれているご家庭では非常に発生しやすいでもあるので特に珍しい症状ではありません。ですが、一旦症状が悪化してしまうと洗濯ができなくなってしまうので特に大家族のお宅では大変なトラブルとなってしまいます。

一刻も早く修理が必要となるため、その日のうちに現場に向かいました。 お客様のご自宅に到着して、すぐに作業を始めます。まずは点検から。洗濯機は脱水が半ばの状態で停止していました。まず中身を取り出してから洗濯機を軽くし防水パンの上から動かして排水トラップを作業しやすいように露出しました。排水口のつまりをトーラーという特殊な器具を使用して排水管内部のヘドロ状の汚れを取り除きました。

少しずつ慎重に作業を行うので時間はかかりますが、ここで少しでも汚れを残してしまうと、再びその部分にヘドロが付着するのですぐにいまたつまりが発生してしまうので丁寧な作業をすることが重要になります。

1時間ほど時間をかけて、つまりの作業を行い無事に完全につまりで塞がれていた排水管を開通させることができました。排水トラップを元どおりに組み立てなおして排水ホースを接続し、作業はこれで完了となります。洗濯機を最初から運転して通常作動するかどうかを最終確認してこの日の出張サービスは終了となりました。