行方市のご家庭での出来事

茨城県行方市にお住いのお客様がトイレのつまりでお困りということで早朝7時に、お電話がありました。タンクのレバーを引いて水を流しても、なぜかスッキリと流れていかず、少し逆流してしまっているとのことで、朝からトイレを使用できず大変お困りとのことでした。ご自宅に通称スッポンと呼ばれる器具をお持ちということでそちらで何とかしようと何度か便器のなかに入れてカップを押そうと思ったそうですが、勢いをつけると逆に水が便器外に飛び出してしまうような状態だったため、使用をあきらめたそうです。ここまでお話をうかがっただけでも、少し厄介な状態であることが予想されました。

お電話を下さったご主人には、すぐにご自宅に向かうのでしばらくお待ちくださいとお伝えして、緊急出動となりました。早い時間帯ということもあり、思ったよりもスムーズに現地にいくことができました。予定より20分ほど早く到着し、早速詳しい状態を確認していきます。室内はわりとゆったりとした広めの個室設計になっていましたので作業もしやすかったです。私がお伺いした断簡で便器の面まで水が上がってきていましたので、確かにこれ以上無理な事をすれば完全にオーバーフローしてしまいます。一度手を止めて私どもにお電話をいただいたのは正解でしょう。ここまで完全なつまりになっていると一般的な家庭用の器具などでは対処しきれない可能性が高いですね。下手に器具で色々やってしまうとつまりをさらに奥に押しやってしまい取り出すのに苦労することがありますので、こういった場合は専門業者にお任せいただくのが一番です。

こうした問題は、ほとんどの場合紙や便。今回のお客様にお話を伺ってみると、今まで使っていたのと違う銘柄のトイレットペーパーで、激安価格だったので、そちらを購入して前の週あたりから、こちらの製品に切り替えたそうです。それまで使用していた大手のものでは、つまりを起こしたことがなかったそうですから品質が水に溶けにくいものである可能性が高いですね。ペーパーは一見同じように見えても紙質は千差万別ですから、それによって水に溶けにくいものもあるので、とても厄介なのです。お客様のトイレ自体も超節水仕様になっているため最小限の水量で流すタイプでしたので、より一層トイレのつまりが発生しやすい状態であったことは間違いないでしょう。

早速業務用のローポンプという器具を使い加圧と吸引を交互に繰り返していると、圧力によりトイレットペーパーの塊部分が一気に抜けたようです。つまりが取れると便器内に溜まっている水もスーッとスムーズに抜けていくのがわかりました。これでつまりは解消しました。今後はトイレットペーパーを水に溶けやすい紙質のものに変更することでトイレのつまり予防ができると思いますとお客様にもアドバイスを差し上げてこの日の作業は終了しました。