行方市の風呂つまり

水道修理実例の中でも蛇口の水漏れと並んで件数の多いのがこの浴室の排水の詰まりになります。

何と言っても毎日髪を洗えば家族人数分の大量の髪の毛ゴミが出てしまったり、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭などではおもちゃを流してしまったりなどパターンは様々ですが。

蓄積されたゴミや経年溜まっていくヘドロはいずれは排水パイプの径を埋めてしまうほどのゴミの量になりいつしか排水できないと言った事例が出てきます。行方市では近くに田んぼ、畑、自然で遊べるところが多い上にそれら農作業をする方も多いので、土溜まりによる排水不能の事例もあります。

なんか最近水の流れが悪いなと思われた時にはかなり深刻な状況一歩手前になります。

ここからは、実際におこいました手順でご説明いたします。先ほども出ました行方市の風呂詰まりに関する事例です。お風呂の排水ができにくい状況が一週間以上続いていて、先ほど水を流そうとしたら全然水が流れない状態になってしまっている、と言う事でお伺い致しました。

まずご自宅に着きまして、諸事情をお聞きしましてそれから何か対処をなさったかの調査。今回はなんの対処もなさっていなかったようです。

状態もかなり悪い上に、築年数も古いので詰まりもかなりひどい状況読みました。なのでまずは専用工具を排水溝へ押し当てて圧縮空気を送り込み配管内に詰まったゴミなどを吹き飛ばす方法をとりました。これにより髪の毛の蓄積や皮脂汚れの蓄積などは解消されるはずです。

空気を送り出して配管内部に空洞を作ったらここからが重要な排水管の修理になります。通常よりも強い水圧のかかる低圧力ポンプを使用してゆつくりと排水管内部を洗浄していきます。これで先ほど飛ばしたゴミなども排水管を介して外側へとゴミ類を押し出す事ができました。

その後、確実な対応をするためにパイプ内を洗浄するための洗剤を流すことにしました。最後にしっかりとシャワーなどで水を流し込み(洗浄剤は劇物なので)また、排水溝の近辺もしっかりと洗浄して終了となります。本来大した事のない詰まりなどであれば、初めから薬剤投与で解消されるケースは多々あります。

近隣の生活状況にもよりますが特に行方市など土汚れが多い地域ではそれが原因で汚れが蓄積されるケースが多々あるので、日頃からパイプ用の洗浄剤などを使用していればある程度のゴミをどは溶かし流していくという手間が必要になります。