龍ケ崎市にて洗面詰まり

龍ヶ崎市にお住いのお客様から洗面がつまってしまって使用できないということで大変困っていらっしゃるとのお電話がありましたので早速伺ってきました。

茨城県と千葉県の県境にほど近い龍ヶ崎市は東京のベッドタウンとして現在も発展し続けています。住宅地は増え続けていますがいまだに自然もたくさん残されているのでファミリーには人気のあるエリアです。

さて、ご依頼のあったお宅に到着したところで早速洗面の点検作業に入ります。洗面には水が溜まっており流れていく気配はありませんでした。こちらの洗面はいわゆるシャンプードレッサータイプで、シャワー付きの洗面台です。ほぼ毎日のようにご家族全員が朝シャンをされているとのことでした。やはりこちらのお宅の洗面つまりの原因は、間違いなくシャンプー時に流れ落ちる髪の毛のつまりですね。

この使用の製品が普及してきたにより、急激に増えてきたトラブルはズバリ髪の毛などによる洗面の

排水不良です。以前から洗面排水はパイプが細いことから問題が発生しやすい部位ではありましたが、特にシャンプーに利用する機会が増えてからは髪の毛つまりは不可避です。もちろん洗面の排水口に髪の毛流れ込み予防のためのネットなどがありますが、そういったものを設置していても、髪の毛の流れを食い止めることはなかなか難しいことなのです。髪の毛が一旦つまりをおこしてしまうと、そこへどんどん洗顔石鹸やシャンプーなどの洗剤成分や石鹸カスなどが髪の毛に容易に絡みつき、ヘドロ状の粘着性のある物質に変化し、パイプ内にこびりついてしまいます。こうなったら、もう排水パイプを分解して隅々まで汚れを落とすしか方法はありません。

まずはナットを緩めがパイプを取り外します。中にはヘドロが詰まっている状態ですから、下にバケツを置いて慎重に作業を行わなければなりません。取り外した部分んからブラシを挿入して内部を綺麗にしていきます。するとワイヤーブラシの先端部分にはごっそりと髪の毛が絡みついてきました。今回のつまりの原因は全てコレなんですね。時間をかけて丁寧に除去作業を行い、つまりを取り除くことができました。

排水パイプを元どおりに設置しなおして、最後に水を流してみます。すると蛇口から勢いよくでてきた水は、排水口に吸い込まれるようにして流れていくのが確認できました。これで一安心です。修理はこれにて完了しますが、今後の排水のお手入れについてお客様にも定期的な薬剤使用のアドバイスを差し上げました。