嫌なニオイもこれなら安心

牛久市にお住まいのお客様から、台所のシンクから水漏れしているとの依頼を受けました。そのお客様の家は築40年と古い家屋であるものの、キッチンは10年前にリフォームされており、小綺麗な印象を受けました。

さて、問題の箇所ですが、話を聞いてくと、キッチンの足元が濡れている事に気が付いたらしいのです。お伺いし実際に見てみると、確かに収納床との接地面辺りからジワリジワリと水が滲みだしており、すでにクッションフロアが一部ふやけているのが分かりました。早急な対応が必要です。すぐに工具を持ち出し、詳しい原因の究明と修理に備えました。

まずは具体的な個所を突き止めなくてはいけません。このようなことになってしまう場合、理由はいくつか考えられます。そのうちのどれに当てはまるのかを、経験則から慎重に見極めます。

そこで可能性の高い順から一つずつ確認していくと、床下から立上がっているパイプよりコポコポと溢れ出てきており、ここに原因があることが分かります。どうやら今回の水漏れは、排水管のつまりが原因のようです。

排水管の掃除は、高圧洗浄機を使って丁寧につまりを除去していきます。しかしパイプ自体が腐食していると、この作業を行うのは危険であるため、劣化がないか、しっかりと見てからの作業となります。今回は、家は古いものの、設備に関するメンテナンスはかなりマメにされているようで、その心配はありませんでした。そのため、多少後負荷の修理内容になってしまっても特段問題はなさそうです。高圧洗浄機はジェッターとも呼ばれ、ノズル先端から噴射される水の力を使い、汚れを清掃しますが、サイズに合わせたものを使用しないと、丁寧に洗浄することができないため、どのサイズのノズルとホースを使うか見極めます。

可能な限りキレイにしてく為、既存管のΦに一番効果が望めるものを使用して、洗浄していきます。そして、しっかりとヘドロや油の塊が除去しているのかを確認しながら、ホースの出し入れを繰り替えしていきます。最後に通水確認をし、状態の改善が見られたら片付けて終了です。この様な事態は放っておくことによって、ニオイの原因にもつながるので、修理後も定期的に点検するなどの心掛けが大切です。