頭の片隅に置いていただきたいこと

今回のご依頼は常陸大宮市に住む若い女性の方からでした。 常陸大宮市は茨城県の北西部に位置する自然に囲まれた街です。花立自然公園には天文台や遊具施設があり、子供から大人まで自然を満喫することができるスポットとなっています。そんな素敵な街、常陸大宮市です。

さて肝心のご依頼内容は洗面所からの水漏れでした。まだ少量の水漏れしか確認していないとのことで被害は少なそうです。 早速ご依頼主の元へ向かいます。 ご依頼主は単身用のアパートにお住まいでした。水漏れとなる洗面所を拝見させていただきます。 調査して判明した漏水箇所はキャビネット下の排水管のトラップ部分のつなぎ目からくるものでした。この3つの手のトラブルは洗面所に限らずキッチンやトイレでも起こりえます。 配管の締め付けが緩くなっているというのが考えられます。

そこで処置としてはパイプレンチで締め付けると直るケースが多いです。それでも直らない場合はパッキンの劣化による水漏れが原因です。 一般家庭にはパイプレンチもパッキンも無い場合が多いと思いますので、その場合は水道屋さんにご連絡していただけたら確実であるかと思います。

こちらで起こったケースもパッキンによる劣化が原因でした。引越しをされたのは最近だそうですが、アパートが建ってから10年を超えるためパッキンが老朽化したものだと思います。 収納すぺーに設置された配管は普段見えにくい箇所となっているので、水漏れしていることに気づかずに気が付いた時には手遅れなんてこともあります。

発見が遅れるとキャビネットを腐らす恐れがあり、カビや害虫の発生にもつながり、キャビネット下に保管していた物にも影響が出ます。 ご依頼主さんは今回予備の洗剤を取り出す必要があったため滅多に開けないキャビネットを開けて発見につながったそうです。

早くみつけていただきご連絡をしていただいたことにより事なきを得ることが出来ました。 水漏れは放っておけば、いずれ直るというものではありません。人が処置をしなければ悪化をすることはあっても良くなるということはありません。なので普段からいつもと違った事態が起きていないかということを頭の片隅にでも置いていただきますようお願いします。早めの発見であれば早めの処置ができ家具や床材の破損という事態を防ぐことができます。