ちょっとした事で詰まるトイレ

霞ケ浦エリアのお客様から電話が入り、トイレの水が今一つ上手く引けてくれないので修理をして欲しいという依頼が入りました。

早速在宅の予定をお尋ねして、すぐに伺うことになりましたが、2階建ての一戸建てで、住宅地の中にありました。 お話をしながら、原因や最近の状況についてお聞きしたところ、昨日までは問題なく流れたものの、昨日の夜からトイレットペーパーを使い切ってしまい、普通のティッシュペーパーを使って凌いでいたということ、そして朝はお腹の調子があまり良くなかったようで、かなりの寮を使ってしまったということでした。

実際にみてみると、便器内の水位がどんどん上昇し、わずかに流れてはいますが、このまま使用を続けると便器から溢れるほどになるかもしれないと思いました。 それでつまりの修理のための費用の見積もりを出し、納得していただいてから修理に取り掛かりました。工程をスムーズに進める為に、中のものを出してから、専用のパイプつまりツール、ローポンプを使ってみることにしました。

これでつまりが解消しない場合には、別の方法が必要になるのですが、便器の中の排水部分にセットして圧をかけてみたものの、いまひとつすっきりとしない感じだったので、今度はトーラーという手動式のもので、ワイヤーを使っての排水つまり解消ですが、これが上手くいき、流れるようになりました。

バケツで流してして問題がないようだったので、フラッシュを使って一気に流してみたところ、スムーズに流れました。 最後に便器内を綺麗に洗浄し、やや汚れたトイレ内を綺麗に掃除して、それからトイレに元々置いてあったものを元に戻して作業は終了しました。

今後の注意点として、トイレットペーパーの流し過ぎに注意することや、うっかりとタイルやおむつといったものを流さないように気をつけて欲しい旨お伝えました。 作業すべてが終了し、茨城県石岡市のお客様の家を後にし、次の依頼に応えるため車を走らせました。