稲敷市の便器内紙詰り

毎日当たり前のように利用しているトイレが突然使えなくなってしまったら焦ってしまいますし、一刻でも早く元の状態に戻さなければ生活に支障を来たしてしまいます。異変は頻繁に起こるものではないものの、何らかの不調が表れたらすぐにご連絡くだされば幸いです。今回はトイレ詰まりのご相談を受け、築20年の一戸建て住宅で発生したトラブルの修理に伺うことになりました。緑の多いエリアということもあり、窓を開けて心地のいい風と草木の匂いを感じながら車を走らせ、お客様宅へと向かいます。ちょうど、水郷筑波国定公園の浮島園地で市の人気イベントであるいなしきチューリップ祭りの開催されている時期のことでした。

トイレはトイレットペーパーや汚物だけではなく、いろいろなものが詰まりの原因になりやすい設備です。中でも多いのが、トイレに流せると謳われているお尻拭きやお掃除シートをご利用になっているかたからのご依頼になります。汚れたものを流して処分できるのは便利ですし、利用方法を守り、1枚ずつ流せば問題ありません。ですが、これらはトイレットペーパーよりも厚みがあり、誤って大量に流してしまうことで溶けきれずに排水管内に残りやすくなります。便器からは視認できないことで気がつかず、その後、さまざまなものを追加で流して詰まりを悪化させがちです。

現場に到着後にご案内いただいた1階のトイレで、早速ワイヤーの先に取り付けたカメラを利用して内部を点検して行きました。この度のお客様も、前日に時間をかけてトイレの清掃を行った際に、いつもの倍以上のお掃除シートを一度に処理してしまったそうです。お聞きした通りに、ちょうど排水管がS字にカーブした辺りでシートやトイレットペーパーが固まりになっているのを発見しました。臭いや虫が上がってこないように作られている部分ですが、詰まりが生じやすいところでもあります。

水溶性の異物が原因の場合、お湯や重曹、クエン酸を使って溶かし出す解消法などもありますが、量が多い場合には吸い上げたり、高圧洗浄機で押し流す方法で対処していきます。まず便器や床を養生して水が飛び散らないようにし、持参した真空ポンプを利用して異物を引き上げていきました。幸い上手くいき、見る見るうちにゴポゴポと音を立てて水が流れていきます。後は、上がってきたものをワイヤーや手を使って取り除いて完了です。お客様に実際に何度か水を流していただき、元の状態に戻ったことを確認いただいて終了となりました。

これからは、お掃除シートのご利用方法にくれぐれもお気をつけください。また何かございましたら、いつでもご連絡をお待ちしています。