交換用水性ガスケットの値段は?価格帯を記載しています。

パッキン

毎日使う水道の蛇口は、水漏れにとても弱いものです。”パッキン “の磨耗が主な原因です。

パッキンは10年ごとに交換することが推奨されていますが、その費用はどれくらいなのでしょうか。

今回は、水道の蛇口のパッキン交換の相場についてご紹介します。

水用ガスケットにはどのような機能があるのですか?

 

水道のガスケットは、水が漏れないようにするためのフタのような役割を果たします。
水漏れを止めるために、ゴム製のガスケットを金属部品の隙間にはめ込みます。

密閉式のタッパーウェアも水筒のフタも同じ仕組みを採用しています。

このパッキンが劣化して弾力性を失うと、その隙間から水が漏れる。このような場合は、新しいものに交換する必要があります。

ゴムパッキンの交換は簡単ですが、サイズを間違えないようにすることが重要です。サイズが合っていないと、修理後も水漏れが続いたり、悪化したりする可能性があります。

水用ガスケットは、必要に応じて交換してください。

 

ゴムパッキンは配管の継ぎ目に使用され、水栓の動作に必要なものです。パッキンは消耗品であり、寿命は10年であり、交換が必要である。通常の使用ではすぐに破損してしまうため、寿命が来る前に交換が必要な場合があります。

水圧や水流でパッキンは簡単に曲がったり変形したりします。金属とプラスチックの間に隙間が生じると、水漏れが発生することがあります。

寿命でなくても、閉めた蛇口から水が垂れてくる場合は、パッキンが摩耗している可能性があります。すぐに交換してもらいましょう。

水用ガスケットはどのように交換するのですか?

 

水道のパッキンの交換方法について説明します。

単水栓(自分で回すタイプ)のコマパッキンが摩耗して水漏れしている場合があります。蛇口によく書いてあるメーカー名を調べます。型番がわからない場合は、メーカー名を調べてみてください。

シングルレバー水栓(レバーを操作して水を出すタイプ)の場合、レバー自体にメーカー名が書かれていることが多いです。記載がない場合は、バルブカートリッジ、付属のパッキン、クランクパッキンを点検してください。

水漏れの原因となっているパッキンが特定できれば、製品メーカーに部品を注文してください。製品メーカーに問い合わせても見つからない場合は、水道の元栓を閉めてパッキンを外し、ホームセンターに持ち込むとよいでしょう。

分解してガスケットを交換する前に、蛇口を閉めて水を止めてください。先に水道の栓を閉めないと、水があふれて周囲を水浸しにします。蛇口を閉めた後、蛇口をひねって水が出ないことを確認します。

ハンドル部分のネジをドライバーで緩めて、カバーとハンドルを取り外します。

根元のカバーナットを外して回転軸とフレームを取り外し、ハンドル内部のパッキン、フレームのパッキンを交換します。交換完了後、各部を組み立て、水が自由に流れることを確認してください。

水栓の一部であるパッキンは目に見えないため、どの程度傷んでいるのか判断がつきません。10年程度まで使えると考え、その時期が来たら交換できるように準備しておくとよいでしょう。

自分でパッキンを交換する方法もありますが、素人は水道屋に相談することをおすすめします。費用はかかりますが、専門家が行う作業の方が確実ですし、後々も安心です。

 

交換用水性ガスケットの価格はいくらですか?

 

自分でやる場合、水パッキンの交換は部品代のみで、150円から200円程度です。必要な工具が自宅にあり、DIYに自信があれば自分で修理することも可能です。

水道業者に依頼した場合の費用は、5,000円から10,000円程度です。プロの水道業者に頼むと、自分でやるよりもかなり高くつきますが、手間がかからず、問題が解決します。

自分でやると、誤って壊してしまったり、部品を紛失してしまったりする危険性があります。手順通りに行えば問題なく修理や交換ができますが、部品を分解した後、どうすればいいのか、どこに取り付ければいいのかわからなくなる可能性があります。

さらに、水用ガスケットが問題の根源でない場合、どのように進めて問題を解決するか、すぐに判断することができます。

水道工事が必要な場合、どこに連絡すればよいですか?

 

水道工事業者を選ぶ前に、ご近所が含まれているかどうかを確認しましょう。地域によって、業者によっては出張費が異なる場合があります。今後、水回りのトラブルが発生した場合、近くの業者であればすぐに対応できるかもしれません。

次に、水道業者の過去の実績を調べます。実績が多いかどうかは、これまでどれだけの事例を扱ってきたか、創業からどれだけの年月が経過しているかで決まります。掲載されている修理事例を調べ、現在の問題の根本に関わるものがあるかどうかを確認しましょう。

評判や口コミをチェックすることも重要です。実際のユーザーからのレビューを読むことで、技術やカスタマーサービスについてより詳しく知ることができます。もちろん、評判や口コミがすべてではありませんが、参考になることはあります。

まとめ

 

水用ガスケットが消耗しはじめたとき、”もしかしたらガスケットかも?”という無知な方が多いかもしれません。

パッキンは消耗品であり、長年使用すると交換が必要であることを頭に入れておくと、水漏れに早く対処できます。

自分でパッキンを交換しなくても、水道屋さんに説明すれば、簡単に対応してくれるはずです。