浴室のリフォームはいくらかかるの?業者は水漏れをチェックできる

浴室のリフォームを考えたとき、より快適な機能や設備を備えたいものです。

リフォームをする際には、価格、工期、便利な機能性能、交換費用など、様々な要素を考慮する必要があります。要望をすべて叶えると、リフォーム費用が高額になることもあります。

そこで、本記事では、浴室リフォームで可能なこと、価格、水漏れを止めるための業者選びの必須条件について解説します。

浴室リフォームでできることとは?

 

最近のお風呂は、昔に比べて機能が増えています。

浴室をリフォームしたい場合、どのような工事が可能なのでしょうか?浴室をリフォームする場合の選択肢は数多くあります。オプションが存在します。

トイレのテレビ

ジェットバス

ジェット付き浴槽

保温機能

自動洗浄機能

水蒸気サウナ

浴室内オーディオ

トイレ乾燥機

トイレ暖房

床暖房

お風呂に入る時間が長い人のために、入浴中にテレビやビデオを見ることができる機器を「浴室テレビ」といいます。

ジェットバスは、気泡を含んだお湯を浴槽の底や側面から強力に噴射する機能です。日々の疲れを軽減し、血行を良くして体のリラックスを促すなど、健康や美容に効果があります。

冷めたお湯は追い焚き機能で温める。家族で入浴時間が異なる場合でも、連続的にお湯を沸かすことができる便利な機能です。お湯の入れ替えが不要なので、水道代が節約できます。

保温機能付きの浴槽なら、追い焚きや足し湯の回数が減り、長時間お湯が保たれて光熱費も抑えられます。

ボタンひとつで浴槽をきれいにする「浴室自動洗浄機能」。市販の洗剤を入れるだけで、効果的に洗浄します。

温水が体にかかることでサウナを再現するミストサウナ機能で、体を温めることができます。

バスオーディオ機能により、お風呂の中で音楽を流すことができます。スピーカーは天井に内蔵されており、スマートフォンやタブレット端末などと接続することができます。

浴室と一体化した乾燥機。雨の日、洗濯物を乾かすことができ、空間を換気することでカビの発生を抑制する。

入浴前に、浴室暖房機能で浴室を暖めることができる。部屋と浴室の温度差をなくすことで、ヒートショックを回避します。

浴室床暖房機能により、足元は常に暖かくなっています。さらに、ヒートショックを回避する機能です。

浴室リフォームの費用見積もり!

 

浴室リフォームの価格は、浴槽の種類や付加機能の有無、ユニットバスか在来工法かによって異なります。

さらに、住宅が戸建てか付け焼き刃かによっても異なります。浴槽の部材の価格の目安は、以下の通りです。

FRPの材料:1~35万円

ポリエステルとフェイク(擬似)大理石。20,000~400,000円

アクリル 30万~120万円

ホーロー製:80,000~1,350,000円

ステンレス製:20~30万円

大量仕入れのため、リフォーム会社によっては旧製品を安く提供したり、値引きをしたりする場合があります。こだわりがない場合や、希望のメーカーがない場合は

これらを活用することで、コストを抑えることができます。

浴槽のコストを抑えられるのであれば、オプション機能の追加も検討しましょう。予算と使用目的から、必要なものを考えましょう。

ここでは、さまざまなオプションの価格目安をご紹介します。

手すり:4,000~30,000円

バスルームにテレビを設置 30,000円~140,000円

浴室の乾燥機・暖房機 30,000~400,000円

ジェットバス:150,000~300,000円

ジェットバス:15,000~40,000円

機器の設置は後回しにできるものが大半で、価格差はほとんどない。ただし、ジェットバスの設置にはかなりの工事が必要で、費用も高額になります。ユニットバス全体をリフォームする際に選択肢に入れることが望ましい。

ユニットバスのリフォームの場合、浴槽の材質によっては追い焚き機能をつけることが難しく、コストもかかるので、追い焚き機能をつけることが望ましい。

給湯器の寿命は一般的に10年と言われていることから、建物の築年数によっては浴室リフォームと一緒に給湯器も交換するのが賢明でしょう。温水式ガス浴室暖房乾燥機や追い炊き機能付きのものを設置する場合、設置工事と交換工事でそれぞれ20万円程度かかります。

また、暖房機能を付加したユニットバスへの交換が難しい場合は、保温性の高い「高断熱浴槽」のものに交換するという選択肢もある。マンションの場合、希望の給湯器に交換できないことが多いようです。リフォーム事業者に相談してみてください。

要件を満たせば、浴室リフォームの補助金制度も利用できます。また、介護保険では、バリアフリーのためのリフォームが補償される場合があります。以下のようなリフォーム費用は、介護保険でカバーされます。

手すりをつける

浴室の出入り口から階段を撤去する。

滑りにくく、冷たさを感じにくい床材にする

浴槽の高さを低くする

引き戸にするなどの工夫

省エネを目的としたリフォームは、国や自治体の補助金制度の対象となる場合があります。高断熱浴槽の設置はもちろん、窓などの断熱工事も対象となる工事です。

できるだけ費用を抑えたい場合は、介護保険や地域の補助金制度を利用することも可能です。統計によると、浴室リフォームの費用は、100万円~149万円が3割、50万円~90万円が5割を占めています。

浴槽の水漏れを直すには、業者に依頼する。

 

お風呂の水漏れは、水道管や蛇口などの接続部のパッキンの劣化が最も多い原因です。お風呂の水漏れが発生したら、いち早く気が付くようにしましょう。

水漏れの問題は自分で解決できるかもしれないとしても、業者に依頼した方が危険は少ないです。さまざまな接続部に、パッキンが使用されています。パッキンの交換だけであれば、出張費と作業費と合計で1万円程度です。しかし、水漏れの規模が大きければ、もっと高くなる可能性があります。

水漏れの修理を業者に依頼する場合、パッキンの交換以外にも、シャワーヘッドやシャワーホース、蛇口や洗面器自体の交換、浴槽の破損による水漏れ修理、給湯器からの水漏れ修理、床下や壁の中に隠れた配管からの水漏れ修理などがあります。

業者に依頼するとそれなりの費用がかかりますが、迅速に行動して問題を解決してくれます。交換部品もセットで対応してくれるので間違いありません。最近のお風呂は機能が入り組んでいるので、未経験の介入で不具合部分が広がらないように、修理は専門家に任せることをおすすめします。

 

水漏れ修理のプロの選び方 水漏れ修理の水道屋さんの選び方。

 

修理が必要な箇所によって、浴室の水漏れの修理を業者に依頼すると、費用が違ってきます。一般的には、丁寧な作業とリーズナブルな費用で仕上げてくれる業者をいくつか押さえておくとよいでしょう。緊急時には冷静に判断し、信頼できる業者に依頼することをお勧めします。

トラブルが起きてから初めて業者を選ぶ場合でも、適当に選ぶのは危険です。水漏れ箇所に応急処置を施し、複数の事業者から見積もりを取りましょう。見積もりを比較することで、適正価格や各業者の対応を判断することができます。高すぎず安すぎない適正価格と、確かな実績のある評判の良い修理業者を選びましょう。

まとめ

 

ユニットバスの交換は、できる限りコストを抑え、満足度を高めることが大切です。状況によっては、リフォーム助成金制度の活用も検討しましょう。浴室のリフォームや水漏れの修理は、資格を持った信頼できる業者に依頼するのが安心です。

最近のお風呂は、機能が豊富で魅力的です。以前はなかった便利な機能を取り入れるのも良いアイデアです。快適なお風呂を未来に迎え、静かな環境を作りましょう。